上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週の土曜日は、久しぶりに池原ダムに行ってきました。
木曜日に七色ダムでは、30センチ前後の数つりとなったんですが、ネストの腕がないウメは別にこの時期七色にこだわらなくてもいいかな?と、久々の池原へと乗り込みました。

当日は、ホワイトリバーで、レンタルロッドを利用させていただきました。
お借りしたのは、Fantasista STUDIOUS の 「FSS-60ULS」

ABUのHP(http://www.purefishing.jp/product/abugarcia/cast/studius/fss_60uls.html)によると

「しなやかなロッドアクションと、機能重視のスマートなグリップ。6フィートのレングスは、群を抜く扱いやすさ。超高密度組成カーボンマテリアル(EXHD-composition)を採用した、パワーのあるバットと食い込みのいいソリッドティップは、繊細なバイトを確実にフイッキングさせ、ランカーサイズの強烈な引きにも余裕をもって耐えるセッティングになっています。例えば、マス針を使用したダウンショットリグ、ジグヘッドの中層攻略でルアーを意のままに操り、バイトからフッキング、ランディングにいたるまでストレスなくこなすことが可能。1/32~3/32ozのダウンショットリグ、1 /32~1/16ozのジグヘッド、0.2~2gのネコリグ、ノーシンカーなどライトリグ全般に対応します。」

との事で、とりあえずウメのダウンショットリグの釣りでは大活躍の「ダイコー バロウズ BRSS-STX65」との使用感を比べたくてお借りしました。ちなみに、あくまで下手糞なウメの感想なんで、ご了承くださいね!

で、早速インプレッションですが、まずは軽い。そして、今までウメが使ってきたソリッドティップの竿に比べて、かなり固めの印象。そして、6フィートと短めなのとあいまって、シェイクや根掛りをはずすなどのロッドワーク時には、明らかに「操作してる」感がありました。(今使っているソリッドティップは、シェイクすると、自分の意識外で、ロッドにアクションが発生してる場合があるような感じなんですが、このロッドに関しては、動かせば動かした分だけしか動かないと言うか…)

そして、もう一つ驚いたのは、その飛距離。
正直、遠くへ飛ばすには長さと言うのはかなり重要じゃじゃないか?って思っていたので、キャスティングで釣るよりは、ディープなどの釣りで、感度重視の使用が主かな?なんて思いながらお借りしたんですが、この竿、本当に飛びました。

これは素人考えなんですが、ガイドがロッドの先端に多くついており、投げたときにラインの制動性能?が非常に良く、ほとんど抵抗がなく投げれてるような感じでした(ラインのバタつきってある程度は感じるものと思っていましたが…)。なので、思った以上にディスタンスを取って投げることが出来。キャスティングでの使用も十分でした。

感度に関しては、ウメの使い方のせいか、腕のせいか、今使ってる竿との劇的な違いを痛感するまでには至りませんでしたが、当日はアップラッシュの0.9グラムのダウンショットで35センチぐらいまでの魚を10本ほど釣らせてくれました。サイズが小さかったので、パワーの検証まではいってない気もしますが、それでも十分バットの強さや魚の寄せやすさは感じれたと思います。


□この日の最初の一匹です!かわいいでしょ?(泣)
20090418063021.jpg



++++++++++++

で、この日の釣果ですが、35センチぐらいまでなら数釣りが出来そうだったので、色々と投げてみたのですが、ガンクラフトさんのクランクや、シャッドシェイプ、TDミノーなどなど色んなルアーで釣れたので、結構楽しめました!

ただ、湖全体の水質が悪く、あちらこちらで赤潮?が発生して、あんまり気持ちいい景色での釣りとはなりませんでした。しかも、午後からは強風過ぎて、ウメのヘナチョコエレキではステイも大変でした。

来週はホワイトリバーでイベントもあるようなので、時間が合うようなら、また遊びに行ってこうかと思ってます!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://umemboma.blog111.fc2.com/tb.php/329-2cb6b17a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。