上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【JB本部】相羽純一の不正行為発覚に伴う除名について

平成21年3月29日(日)、千葉県高滝湖で開催されたJBトップ50シリーズ第1戦最終日に悪質な不正行為が発覚しました。
当日の受付前に綿井副会長が上位選手のタックルチェックを行った際、相羽純一がジュース缶に生きエサを保持していました。本人もその場で生きエサであることを認め、綿井副会長より報告を受けました。

翌30日(月)に役員会を開き、悪質な不正行為であることから除名処分としました。
JB・NBCトーナメントルール第22条8)に則り、過去の成績をすべて抹消したことを関係各位、JB・NBC会員に報告致します。

釣り人のリーダーとなるべき立場の者がこのような行為に至り、関係各位ならびにトーナメントファンの皆様に深くお詫び申し上げます。
今後、このような不正が行われないよう指導してまいります。

平成21年3月30日
JB日本バスプロ協会
会長 山下 茂

++++++++++++

どれだけのプレッシャーの中、競技に参加していたであろうと、これで勝つことに何の意味を見出していたのか全く分かりません。

と言うのは、綺麗事でしょうか?

僕は、本当に大好きなバスプロの一人でした。
色々な噂を聞くことはありましたが、バスプロとしては本当に練習熱心で、センスがあって、他のプロも認めていた筈の相羽選手だったと思います。

これまでも同じ事をやって来ていたとしたら、言語道断。
もし、今回だけだったとしたら、なんて取り返しのつかないことを…。

フィッシングショーやガイドで相羽選手を応援してくれたり、高滝ダムの会場に応援しにきてくれたファン(特にちびっ子)が可愛そうでありません。※スポンサー他、関係者の方々のことは言うまでもないですよね。

また、真相は徐々に明らかになってくるのでしょうか?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://umemboma.blog111.fc2.com/tb.php/318-642d39a9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。