上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワォォォォォォォォン!!

津風呂戦に参加された皆様、暑い中本当にお疲れ様でした。
試合後教室の開催をお手伝いされたプロの方々、本当にご苦労様でした。

さて、今回の試合は完全にやっちゃいました…(泣)

と言うことで、今日の日記は「負け犬の遠吠え」となる事を自覚しながら、一応プラからの流れを書きたいと思います。

+++++++++

さて、先日のJB津風呂での結果を踏まえて、とりあえず入賞1キロ、お立ち1.5キロの目標を立てました。ただ、1キロを狙う場合は3匹。1.5キロを狙う場合は1匹という形になりそうで、まずプラでは津風呂でのキッカーを探すことにしました。もちろん、その中でキーパー場も見つけるつもりではありましたが…。

結果から言いますと、プラでは左右共に入ったのですが、その中でも本流にあるレイダウンや岩の出っ張り、岬の何箇所かで40~50ぐらいのバスがフローティングミノーにチェイスしてきました。

特に、ジョイントのビッグベイトには、毎回フッキングには至らないのですが明確なバイトがあり、そのバイトをいかに乗せるか?を考えていました。ただし、そのバイトも朝一か夕方の遅い時間しかバイトがなく、試合では朝一にその場所に入れるかがキーだと思っていました。
(ビッグベイトの甘噛み対策にフェザーフックを買ったのですが、エコ対応じゃなかったみたいで、結局対策は出来ないままでしたが…南無)

またこれ以外に、日中にいかに大きなバスをかけるか?と言うことも並行して探してみたのですが、この場合は少しでも流れがあるであろう場所(右で言えば、つり橋のある川幅がかなり狭くなっている場所)で深めをクランクやミノーで探り、前週のプラではディープクランクで1400の魚が!!

■今思えば、これが悪魔のささやき??(笑)
20080802072149.jpg


そして、戦略としては以下のように決めました。

1.デカバス探し。
○本流傍のレイダウン+ビッグベイト
○右のつり橋ぐらいから上流に向かって右の岩盤+フローティングミノー or ディープクランク
○島周りの岬+DS or ディープクランク 

2.キーパー取り
○おにわ?に入った左側の小さいワンド
(これは下地さんと同船させて頂いたときに下地さんが釣ってはったので…)
○右、島周りにあるワンド?のレイダウン+テキサス
○電線下よりひとつ上流のベンドのアウトサイド側+DS or ミノー

キーパーに関しては、プラでは深いところはDS、オーバーハング近くは中型ミノーやジョイクロでも30弱までの魚が釣れてたので、最悪1~2匹は釣れるんちゃうかな?と高を括っておりました。



が、結局はデコっちゃったのですが、その模様は次に書かせて頂きます!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://umemboma.blog111.fc2.com/tb.php/200-c5793d8f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。