上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
参加された皆様、お疲れ様でした!
僕はノーフィッシュで終わりました。

ほんまに、いろんな意味で反省や次の目標を見つけられた試合でもありました。
では、ちょっと振り返ります。

プラでは、本流のクリークやワンドの両端?からドンドン中へ向いてバスを探しにいく形をやってみました。この時期魚を釣ること自体があまりなく、どこにいるのかもわからなかったのですが、とりあえず今まで諸先輩に教えて頂いた事を踏まえて、立てたプランでありました。

本流で探したのは、大会では基本「あまり人がいない所」で釣ろうと思ってるからです。これは「沢山の魚がいるところに沢山の人」がいて、そのプレッシャーの中で釣るよりは、自分の実力では「少ないけど、プレッシャーの低い場所」のほうがいいかな?と思ってるからです。

なので、今回も当初大又は除外して、本流で探せるように取り組んでみました。なので、エリアとしてはダムサイト近くのワンドからあがっていくような形でした。

結果的には、色々回ってみたのですが、ワンド内にいい感じでベイトが映ることはなく、バスの反応も全くでした。と言うことで、「じゃあ、本流の魚はどこにいてるねん?」と、本流に出てベイト探しながら越冬場所探し等などをしてたのですが、それはそれで経験不足&実力不足のウメに見つかるはずもなく、時間だけが過ぎていきます。

で、残り3時間ぐらいで、初めて大又にあがってみました。
「魚が見えてる!」って噂の最上流の「大岩」の場所すらわからず、途中でお会いした平井さんに場所をお聞きし、上流を向かいます。たぶんこの辺かな?ってところでエレキを下ろして探してみますが、僕には1匹しか探せず、30ほどで下ります。

下りでお会いした津田さんも「あかんわ~」と仰ってましたし、ほんまにどこやってええかわらかんかったのですが、そう言えばティーズオンの神原さん(漢字あってるでしょうか?)が「バスは放流されたベイト(モロコ?)ついてる。放流場所は、こことヒサヤと○○と△△…」って言ってたのを思い出して、祈るようにヒサヤ近辺へ!

浮かんでみると、魚探にベイトは映ります!でも、水深で言うと3メートルぐらいまでを固まって泳いでるようで、それをシャッドやミノー、ミドストなんかをしてみても釣れません。底を釣ってもあたりすらありません。残りをここで釣ってみたのですが、結局魚には触れませんでした。が、「もしかしたら朝一なら食ったりしてくれへんかな?」と言うことで、大会当日は朝一番にここに来て、その後は釣れないけど、状況が変わってるかも?と本流のワンド&クリーク、そして大会会場前を狙うって作戦で大会に臨みました!


と、ここまで書いたら首が痛くなってきたので、とりあえず休憩します(笑)

このブログの内容に関しまして、間違っていたり、勝手な思い込みだったりすることが多く書いてあると思いますが、まあ「ウメの言うことやし…」って事で、大目に見てあげてください!(笑)

┌|∵|┘ヨロシク┌|-.-|┐ペコッ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://umemboma.blog111.fc2.com/tb.php/123-b2e0957a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。