上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日の夜は、女性の社長二人(一人はうちの社長)と食事させていただき、ほんまに色んなお話が聞けました。

今までウメは、営業マンとしてや、数人のチームをまとめるマネージャーとして働いてきましたが、もっともっと違うステージがあること、そして、そこでしか経験できない多くのこと、社員への想い、経営者としてのプレッシャー、大切にしなくちゃいけない事など…。

お二人とも、すごく人間味あふれる社長だったこともあってか、して頂いたお話はめちゃめちゃ刺激的で、自分の仕事に対する想いが大きく変わっていくきっかけになるかも知れません。

結局、二時過ぎまで飲んでました(笑)

泊まりはファーストキャビンというカプセルホテル。

カプセルと言っても写真のように完全個室です!

朝八時に起きて、今は徳島です!(^-^)v
スポンサーサイト


ワカサギ釣りの朝の冷え込みに耐えかねて、買っちゃいました。

どんだけハマっとるねんと言う感じですが、久しぶりにハマってます(笑)

買ったストーブは、カセットボンベで3時間半使えて、上向きにセットするとコンロにもなるとの事。

アマゾンで最安値六千円が、たまたま見たヤフオクで四千五百円。

買っちゃいました(゜Д゜)

さて、今週は終電が続いてる上に、火曜日は滋賀に出張、金曜がうちの社長と一緒に取引先の偉い方とのお食事会、土曜は日帰りで徳島出張。

土曜日は夜十時頃奈良に戻り、その足で買ったばかりのストーブ持って、ワカサギ釣りにGO??


疲れん程度に遊びます(笑)


今日2個目の紹介ですが、食べてるのは一日一個です(笑)

豆乳クリーム&きなこ

きなこの
おかげで、クリームがかなりしっかりしてて、なかなかの食感でした。

★★★☆


カスタード。

これまた旨かった!
おやつです(^-^)v

★★★★




今回は釣ったワカサギをその場で揚げて、食べることに(^-^)v

風が強かったので、急遽大型の風除けを追加して調理開始。

ウメのやり方は、釣ったワカサギを塩で揉んで鱗をとって、ナイロン袋に小麦粉と一緒にワカサギを入れてシェイク!!

後は油で揚げて、塩掛けるだけの簡単調理ですが、旨かった!

年内は三月二十日が最終みたいなんで、後何回行けるかな?(笑)
2010.02.22 ワカサギ釣果


昨日のワカサギは、3人で150匹ぐらい。

二回目の余呉湖という事でかなり要領もわかり、夜中1時に着いたら、即、受付前にクーラーを置いて順番待ち。

その時間でも既に十番目ぐらいでしたが…。

後は新調したワカサギ用の竿と延べ竿の二本立てで挑戦。

特に短い方の竿は、アタリの出方が違いました!

朝11時頃にはあがって、ワカサギパーティです(笑)
2010.02.20 ワカサギ

明日は何匹釣れるかな?

(^-^)v


越冬キャベツメンチカツ

お勧め度 ★★★★
※最高五つ星
2010.02.18 一人サイゼ


今仕事終わりで、会社の近くに出来たサイゼで晩飯。

太るな~(笑)
F1000017.jpg
F1000018.jpg
グラタンコロッケo(^o^)o
2010.02.16 ワカサギ釣り
F1000005.jpg
F1000008.jpg
F1000011.jpg
日曜は、前から行きたいと思っていた余呉湖のワカサギ釣りに行ってきました。

一緒に行く友人が、この日しか休みがとれなかったので、土曜の夜から出発して、二時頃に到着しました。

移動時間は約二時間半ぐらい。高速、木之元インターで降りて約五分で、駐車場に到着です。

駐車場は売店を挟んで二面あり、ウメらは桟橋入り口により近い方に止めました。

後は、桟橋が開く五時まで待機です。熱燗作って、車内で飲んで、寝袋で就寝。

で、朝四時に目覚ましで起床。周りは真っ暗ですが、桟橋入り口に向かって何やら人影が…。

ウメ等も急いで準備し、入り口まで行ってみると、既に三十人近くが並んでる!(゜Д゜)

なんとか、列の一番最後に並んで、待つこと40分。

五時に桟橋が開き、入り口で入場料(1300円)や餌代(赤虫、さし各200円)を払って大小二つの四角に設置された桟橋の思い思いの所にスタンバイです。

キャンプ用の小さなイスをセットし、とりあえず釣り開始。

真っ暗やし、桟橋は凍ってるし、寒すぎる…。

僕らはバス用のソリッドの竿でやったんですが全然釣れない…。隣のおにーちゃんは短いワカサギ用の竿で、バンバン釣ってます。


20分ほどしたら、見かねたおにーちゃんが「僕もバスするんですが、バス用だとつらいでしょ?」と使ってないワカサギ竿を一本貸してくれました。

それを相棒に使ってもらうと、まあアタリがわかるわかる。

基本よほどのサイズじゃない限り、アタリは竿先にしか出ないらしく、専用の竿には小さいながらも明確なアタリを目で追えます!

僕の方もシンカーを底から数センチ浮かした上で竿先に集中してるとわずかに竿先がふるえ、ワカサギゲットです!

釣り上げてみると余呉湖のワカサギはサイズが小さく、サシを一匹だと大きく食い切れてないようで、頭とお尻に針を刺して、その後ハサミで半分に切るという方法を盗んでからは、さらにノりやすくなりました!

結局八時ぐらいまでに二人で70匹ほどゲットし、その後三時間は対岸の桟橋が釣れ続くのを見ながら、コンロでラーメン作ったり、よそに浮気しに歩いたりしました。


とりあえず、ハマりました!

次に行くときの為に留意点をメモしときますので、ゆんさん始め、もし行かれる人がいれば、参考になれば嬉しいです。

【以下、メモです】


○とりあえず、人は多いので、平日にいくか、休みなら朝早くに並ぶ。

○朝は特に冷えるので、足下の防寒は必須。カイロだと足らないかも?

○仕掛けは半日で三つもあればいいかもです。おもりは1~2号を数個。

○ワカサギは釣った後しばらく生かしておくと水の中で不純物を吐くらしいので、直後はバケツ等で生かした方がいいらしい。

○竿は安くても専用のが断然いいです。あたりは竿先で見ます。

○餌は、サシが使いやすいので、お勧め。小さめにした方が食いはいいです。

○コンロや、プリムスの携帯ストーブ?を持ち込んでる人はいます

○コンビニは近くにありません。



と言うことで、来週日曜も行ってきます!o(^o^)o
2010.02.09 週末は。
F1000163.jpg
F1000166.jpg
F1000167.jpg
F1000168.jpg
F1000169.jpg
F1000171.jpg
弟家族と、三年連続のフィッシングショー。

スタッフの皆さん、お疲れさまでした!

僕的には、田辺さんの話が一番面白かったです!

今年は“強い釣り&ランガン”をテーマに、自分なりに練習していきたいと思います。


初めて食べた「大トロ」、旨かった~o(^o^)o
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。