上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.29 裸の王様
最近ずっと書きたかった話題のひとつです。

「裸の王様」

この話は有名ですよね。
まあ、言葉の意味としては結構幅広く使われますが、自分自身を客観的に見れない人に対して使われる事が大半ですかね。


偉そうな言い方になっちゃいますが、人間は、一人では生きていけません。
他人と干渉し、干渉されながら生きていきます。

だから、自分を評価する基準というのは(自分の中には)自ずと、二つ出来てきます。
「主観的評価=自分自身の評価」と「客観的評価=他人からの評価」です。



そして、僕は昔から親父によく言われました。
「お前が何て言おうと、自分を評価してくれるのは他人や」と。

そうなんです。
二つの評価基準の中で、社会で生きて行こうとすると、大切なのは客観的な評価となります。(もちろん、主観的評価で自分に自信を持つことも大切ですが…) そして、主観的評価と客観的評価の幅が大きいと、その人間は「裸の王様」なんて言われます。

そ。人間は誰でも「裸の王様」や「裸の王女様」になりえます。別にそれ自体は珍しいことではないですし、何よりウメ自身もそんな部分は多々あると思います。だから、そのこと自体に問題を提起してるつもりもないです。

じゃ、何が大切か?

それは、裸の王様が、自分が裸の王様であることに気づくとことですよね。


じゃ、それはどんな場合に気づけるのか?
これが一番大切だと思います。

気づき方のひとつは自分自身を鑑みること。自分で自分を客観的に見れるということです。
そして、もうひとつは周りが愛情を持って伝えてあげるということです。



裸の王様の本編では、小さな子供が正直だったが故に気づくことができました。
でも、このご時勢、なかなか大人の世界を見て、子供が口出しできるようなことはありません。

だから、自分で気づけない人間に必要なことは、その一番近くにいる人間が伝えてあげるべきです。
本当にその人のことを思うなら。

僕が仕事決まらないのは、「なかなか条件が合わない」と言いながら、客観的に見たら僕自身に問題があるかもしれません。相羽選手の問題も、そばにいた人間がもっと早くに伝えるべきことがあったかも知れません。麻生さんや小沢さん、北野誠さんや、その他諸々。

結局はみんな裸の王様です。
何べんも言いますが、裸の王様は別に珍しいことではありません。

大切なのは、いつも自分を客観的に見ようとしてるのか?って事だと思います。
見ようとしてない人間は、周りがその人を客観的に見れてるのか?って事も大切です。そして、そのl客観性を本人に伝えるのか?って事です。

結局、そばにいない人間がその人の噂をすると、単純に「陰口」にしかなりません。
でも、近しい人が誠意をもってその人に「伝える」と、それは愛情であると思います。

ウメ自身は、今まで言いにくいことも本人に伝えてきたつもりではあります。もしくは、黙ってきたというのはそれだけ愛情が薄かったからかも知れません。そして、これからもいろんな人に嫌なこと言うかもしれません。でもそれは、愛情からだと信じています。

もちろん、ウメに対してもよろしくお願いしたいです。

諸先輩方、そして仲間のみんな。
本当によろしくお願いします。


なんて、偉そうなことかいてますが、これ書きながら「客観的に見たらどう感じはるんやろ?」なんてドキドキしてますが、自分自身について客観的に考えること。そして、周りで「裸の王様や王女様」になりかけてる友人に対しての付き合い方を、一度自分自身で整理したいな~って思ったので、書いてみました。

これ読んで、気に触った方がおられたらすみません。
┌ (_ _) ┐ ゴメンナサーイ。


スポンサーサイト
2009.04.27 お呼ばれ
20090427000805
今日は夕方から和田君ちにしもじぃさん夫妻とお呼ばれに行ってきました!

たこ焼きあり、餃子あり、ごちそうさまでした!

釣り道具部屋は、男のロマンですね!
日曜日のホワイトリバーさんの大会に出れればと、金曜日にちょっと練習に行ってきました。

2日ほど前に、釣りビジョンの番組で、琵琶湖ガイドの長谷川さんが4月上旬の池原をジョイクロとスクリューベイトのみで釣ってはったのを見たので、今回はとりあえず数ではなく、サイズを目指して釣りすることにしました。

7時前には湖に浮きまして、白川筋上流に向かって釣り始めます。最初は、通称むつおさん岬の上流をk-1ミノー「姫」で探ります。と、いきなり35センチぐらいのチェイス。その後、反応がなくなり、ジョイクロに変えますが、これまた反応なし。で、もう少し深めをと言う事で、スクリューベイトに変更です。

ウメの持っているタイプはたぶん結構潜るタイプのもので、気を抜くとすぐに根がかりしてしまいます。なので、下向きのフックを前から2つめまでプライヤーで折ってしまい、気長に釣り進みます。

すると、上流の屋敷跡の対岸、推進4メートルぐらいでバイト。
あがってきたのは、真っ白の30センチ位のバスでした!

その後も、エレキ中心に、岩盤、ガレ、岩、立ち木、流れ込みなどの景色をダウンショットなどを混ぜながら流して見ますが、ガレ+張り出した岩の景色で35~40までを12本ぐらい。デカバスゲットとはなりませんでした…。

ただ、ウメが釣った限りでは(あくまで、下手糞な経験則ですでごめんなさい…)ではそろそろ釣りとしてもアフターの釣り方がはまってくるような感じでした。

あとは水質ですかね?

20090425112442e92.jpg
2009.04.22 裁判。
昨日は二つの大きな事件の判決について、何度もニュースが流れてましたね。
一つは和歌山の毒物混入カレー事件。もう一つは、栃木県足利市での女児殺害事件。

双方に共通するのは、容疑者(受刑者)が無罪を主張していてて、有罪判決となったって事。
で、この事件の報道を見てて、ちょっと怖くなったことがあったので、書いてみます。

今、世間のどれぐらいの人かはわからんけど、裁判官含めて、大半の人は、林被告を有罪と思ってるはず。だから、林被告が書いた手紙の中にある「私は無罪です」って言葉も、どっちかと言うと「何言うてんねん…」ぐらいでしか心に留めてないかも知れん。

でも、これが本当に無罪やったらどうなるんやろ?状況証拠や、マスコミの報道のされ方次第では、無罪の人間も有罪っぽく認識されていき、最終的に世論も有罪に傾いていく。その中で、裁判官が有罪判決を出したとしたら、その判決に疑問を持つ人なんかほとんどいてなくて、真犯人はその報道を見ながら、のうのうと生きていく…。

何より、その冤罪を被せられた人が自分の友人や、親族や、ましてや自分自身だったとしたら…。

今回の林被告を無罪やなんて言うつもりもないし、そんなに関心もって見てきたわけでもないけど、でもふと「無罪やったら…」って考えると本当に怖くなりました。

そんなときに、栃木県足利市の事件の報道が。
この事件では、犯人とされている菅家利和受刑者の有罪の決め手だった「自供」と「DNA鑑定」の双方について、今改めてその信頼性の低さが問われているとの事。特に、DNA鑑定では、2人の鑑定士共に「一致せず」の鑑定結果を出しているとの事で、そうなると無罪と言うことが現実味を帯びてくる。

この事件は、有罪確定からおよそ20年近く経ってると思うんやけど、もし無罪となったとしても、このひとのこの後の人生ってほんまにどうなるんやろ?仕事も失い、家族も失いって可能性もあるやろうし、歳も60歳を越えて、再就職なんて考えられるんやろうか?

何より、真犯人がいるとしたら、犯罪を犯したことで他人の人生を目茶目茶にした上に、その罪を他人に被せることでまたその本人と、周りの人々の人生をめちゃくちゃにする。でも、それに対して何のアクションも起こさず生きていけるってのがすごいと思う。

まあ、そういう人やから、犯罪自体を起こせるのかも知れんけど…。

もしかしたら、色んなご意見あるかもしれませんが、ここにあるのはウメの個人的な見解と言うことで…(^^)v


先週の土曜日は、久しぶりに池原ダムに行ってきました。
木曜日に七色ダムでは、30センチ前後の数つりとなったんですが、ネストの腕がないウメは別にこの時期七色にこだわらなくてもいいかな?と、久々の池原へと乗り込みました。

当日は、ホワイトリバーで、レンタルロッドを利用させていただきました。
お借りしたのは、Fantasista STUDIOUS の 「FSS-60ULS」

ABUのHP(http://www.purefishing.jp/product/abugarcia/cast/studius/fss_60uls.html)によると

「しなやかなロッドアクションと、機能重視のスマートなグリップ。6フィートのレングスは、群を抜く扱いやすさ。超高密度組成カーボンマテリアル(EXHD-composition)を採用した、パワーのあるバットと食い込みのいいソリッドティップは、繊細なバイトを確実にフイッキングさせ、ランカーサイズの強烈な引きにも余裕をもって耐えるセッティングになっています。例えば、マス針を使用したダウンショットリグ、ジグヘッドの中層攻略でルアーを意のままに操り、バイトからフッキング、ランディングにいたるまでストレスなくこなすことが可能。1/32~3/32ozのダウンショットリグ、1 /32~1/16ozのジグヘッド、0.2~2gのネコリグ、ノーシンカーなどライトリグ全般に対応します。」

との事で、とりあえずウメのダウンショットリグの釣りでは大活躍の「ダイコー バロウズ BRSS-STX65」との使用感を比べたくてお借りしました。ちなみに、あくまで下手糞なウメの感想なんで、ご了承くださいね!

で、早速インプレッションですが、まずは軽い。そして、今までウメが使ってきたソリッドティップの竿に比べて、かなり固めの印象。そして、6フィートと短めなのとあいまって、シェイクや根掛りをはずすなどのロッドワーク時には、明らかに「操作してる」感がありました。(今使っているソリッドティップは、シェイクすると、自分の意識外で、ロッドにアクションが発生してる場合があるような感じなんですが、このロッドに関しては、動かせば動かした分だけしか動かないと言うか…)

そして、もう一つ驚いたのは、その飛距離。
正直、遠くへ飛ばすには長さと言うのはかなり重要じゃじゃないか?って思っていたので、キャスティングで釣るよりは、ディープなどの釣りで、感度重視の使用が主かな?なんて思いながらお借りしたんですが、この竿、本当に飛びました。

これは素人考えなんですが、ガイドがロッドの先端に多くついており、投げたときにラインの制動性能?が非常に良く、ほとんど抵抗がなく投げれてるような感じでした(ラインのバタつきってある程度は感じるものと思っていましたが…)。なので、思った以上にディスタンスを取って投げることが出来。キャスティングでの使用も十分でした。

感度に関しては、ウメの使い方のせいか、腕のせいか、今使ってる竿との劇的な違いを痛感するまでには至りませんでしたが、当日はアップラッシュの0.9グラムのダウンショットで35センチぐらいまでの魚を10本ほど釣らせてくれました。サイズが小さかったので、パワーの検証まではいってない気もしますが、それでも十分バットの強さや魚の寄せやすさは感じれたと思います。


□この日の最初の一匹です!かわいいでしょ?(泣)
20090418063021.jpg



++++++++++++

で、この日の釣果ですが、35センチぐらいまでなら数釣りが出来そうだったので、色々と投げてみたのですが、ガンクラフトさんのクランクや、シャッドシェイプ、TDミノーなどなど色んなルアーで釣れたので、結構楽しめました!

ただ、湖全体の水質が悪く、あちらこちらで赤潮?が発生して、あんまり気持ちいい景色での釣りとはなりませんでした。しかも、午後からは強風過ぎて、ウメのヘナチョコエレキではステイも大変でした。

来週はホワイトリバーでイベントもあるようなので、時間が合うようなら、また遊びに行ってこうかと思ってます!
2009.04.17 七色激むず。
20090417040534
20090417040527
20090417040520
20090417040513
七色ダムにリベンジにきましたが゛返り討ちにあいました。

ネスト絡みではコンスタントに50アップがでてるみたいです。

ウメが練習したかった、沖のサスペンド組は、季節が進んだせいか、雨の濁りのせいか、ほとんど姿を消してました。

夜は一人で、唐揚げを食べに行きました。すると、今日誕生日のおっちゃんが!

その後、おっちゃんの家でまめごはんやら、イカやら、何やらご馳走になり、いい感じに酔って、今車中泊中です!

また、たかしに車借りてます!ありがと!
2009.04.15 勉強勉強。
さて、先日のチャプター絡みでは、立ち木にボーと浮かんでるバスに翻弄されたのですが、ただ、いくつかのワークやリグには反応することがあり、そのうち一度だけバイトまで持ち込むことが出来ました。でも、突然すぎて合わせることも出来なかったですが…(泣)

ただ、それが何でなのかあんまり整理できておらず、時間のある今だからこそと思い、また明日にでも練習に入ろうと思ってます。

もちろん、この時期の試合ではネストの練習が必要だと痛感したんですが、今回の優勝者の伊藤君と、3位の山岡選手が立ち木絡みでの魚をゲットしてはったと言うことに希望を持って、とりあえずはそっちの練習に走ろうと思ってます(^^)v

で、手が出なかったときは…?????

・・・( ̄  ̄;) うーん

またレポートします!
さて、七色戦に参加された皆様、お疲れ様でした。
あんまり参考にならないと思いますが、ウメの七色戦の振り返りを。

先週のプラでは、本流筋の何箇所かで、岸際にいる巨鯉の集団に中に50~60クラスが回遊してるのを見つけていて、その周辺の砂利地の水深5メートルぐらいのところで、40アップが釣れました。後は、大叉の何箇所かでも魚の回遊してそうな場所を見つけていて、そこでじっくり探ればもしかすると?って感じで想像してました。

さて、前日のプラでは一週間の陽気のせいで、狙ってたストレッチにはバスの姿が増えてはいましたが、サイズは小さくて、その一番沖側にある大きな立ち木に巨バス連合が浮いてるって感じでした。ただ、そいつらは何をやっても反応がなく、とりあえずお手上げって感じでした。

とりあえず、その日、一番反応がよかったエコニードルのネコリグ(初めて使ってみましたw)を中心に、次の日は試合に臨むことにしました。

****************

試合当日、朝はやっぱり冷え込んでとりあえずカッパを着て試合に臨みました。
本流を釣る事に決めていたので、スタート直後は特に引き波で釣りにはならないかと思い、スタート直後は試合では初めてとなる西の川に入ってみました。

ただ、エレキがハイパワーでもないので、西の川下流を少し流しただけで、すぐに移動。目当ての本州中流域のストレッチに直行しました。一箇所目は、ベンド部のインサイドでレイダウンが絡むストレッチだったのですが、前日からかなり減水していて、レイダウンが干上がってる感じで、あまり釣りにならなくて、逆にアウトサイドの岩盤に移動してみましたが、そこでも反応なし。

次に、デカバスが浮きまくっていた北向きのストレッチに移動しました。そこには、昨日も出会ったリーダーが浮かんでおられて、遠くから見るとどうやらサイトで魚を狙って張るようです。

ウメの目標は沖目の立ち木の魚だったので、持ってるルアーを片っ端から投げてみます。いくつかのルアーには反応もあり、目の前まで見に行くんですが、結局は「プイッ」って感じで立ち木に戻っていってしまいます。

結局そこでも魚を取れず、柳谷へ移動です。

そこでは、何やら「獲ったぞーオーラ」全開のカワケンさんとすれ違い、改めて気合が入りなおしました。早速、昨日反応があった岩盤周りを釣ってみますが反応なし。で、今までしてなかったのですが、岩盤ギリギリに投げて岩盤を舐めてから、ダウンショットのミドストで探ってみるとあっという間に3連発。ただ、一番サイズの良かった3本目の時に、立ち木にシンカーが引っかかり微妙な木化け状態。エレキで全速で迎えに行くも、目の前でバスは優雅に戻っていってしまいました。

結局、岩盤の凹み+影の部分には30~35ぐらいまでのキーパーはいてたようで、それを3本で1340グラムで試合を終えました。

上位のパターンは、ネストのサイトが中心で、優勝の伊藤君はウメが全く手が出せなかった立ち木に浮いてるデカバスに口を遣わせてぶっちぎりの3勝目となりました。

+++++++++++++++

今回も無事に大会を運営頂いた、奥出さん始め奈良チャプター運営スタッフの方々、本当にお疲れ様でした!また、リザーバーの先輩方、飯会に混ぜていただき、ありがとうございました!(^^)v 

次回からは2戦連続で津風呂湖戦となりますが、また一から練習して望みたいと思います。


2009.04.08 おかいもの
最近、二つのアイテムをゲットしました。

ヘッドライトのほうは、21LEDと言う事でヤフオクの1円オークションに出てた商品なんですが、なんと初めてそのままの1円でゲットしました!(でも、送料は950円だったので、実質1000円ぐらいですね)

ラインのほうは、お財布に優しいベーシックFCと、ちょっと値段の高いFCスナイパーをゲットしました。ベーシックのほうは年中使いますが、スナイパーの方は、ウメがこれからよく使うミドスト用のリールに巻こうと思ってます。

最近周りの先輩方も2.5ポンドを使ってられる方も多く、その購入も考えたのですが、この3ポンドで幸いにもラインブレイクがほぼないので、一応掛けた魚は取り込めるようにって願掛けの意味も含めて、今までどおりの3ポンドにしました(笑)

週末は、土曜日に畑仕事。
夕方ぐらいに、ボートだけでも降ろしにいければと思ってます!


20090408215434
20090407232458
20090407232451
20090407232443
男の子がいる家庭は五月人形ですよね!(^-^)v

うちも甥っ子が三人もいてるんで、早速座敷に飾られてました。

これはウメ兄弟がまだ小さかった頃に買ってもらった五月人形で、三十年近く前のものらしいです。

なんか、緑の段しか覚えてないんですが、ずっとずっと先の代まで使ってもらいたいです!

ちなみに、一番下は寝返り挑戦中です!
o(^o^)o
JBのホームページを見てると、最上部のトピックの部分にトーナメント結果が掲載されるのですが、結構知り合いの名前が…!

改めて、この2年間で釣りの世界が繋がってるな~って実感です。
チャプター、ウメにとって本当に素敵な場所です!

で、時間があったのでちょこっと見てたのですが、最近はTOP50の結果も動画を交えての掲載になってるんですね!(もしかしたら、もっと前から掲載になってたかもしれませんが…)

ちなみに、今回も高滝ダムの動画が掲載になってました!

□こちらで見れます!
http://www.jbnbc.jp/_JB2009/view_result.php?t_id=10010&page=movie&u_id=1238672748

改めて、川口選手の優勝&小森さんの準優勝、おめでとうございました!
今日も行ってきました。
土曜日は、町の「地デジ移行説明会」に出たりしてたので、プラは4月5日(日)で最後です。

前回は前日の雨と、当日の台風並みの風のせい(にしてるだけ?)でちびバスちゃんだけの結果だったので、今回こそはもう少しまっしなサイズを目指して釣行です!

いつもの通り、徹夜のまま5時に下北山の駐車場に到着し、1時間仮眠。その後準備をして、ティーズオンの桟橋を出たのは8時前でした。

事前情報で、西の川はバスの数が多いと聞きましたが、ここ数回の釣行でさすがに西の川を相手にはできないと悟り、とりあえず、本流を流します。できるだけ広く探ろうと、テキサス/スピナベ/シャッド/ミノー/ビッグベイトで流しますが、全くノー感じ。

1時間ほどで、ダウンショットとジグヘッドのミドストに切り替えて、午前中に2本。
午後に入ってダムサイト周辺を探った後、大叉上流へ。

大叉には人も魚も多く、見えバスには全く相手にされなかったのですが、とりあえず見よう見真似で見えバスにアプローチした何回かめ、狙ったはずのバスはまだリグに到達してないはずなのに、コツッとアタリが!!!

合わせてみると、久しぶりにトルクのある引きで、46センチ(1400gぐらい?)が釣れました!
そして、最後はティーズオン前でキーパーギリギリをゲットして、4匹で終了となりました!
苦手な七色ですが、湖上に出てれば奇跡が起こる??

(* ̄0 ̄*)ノ オォー!!

20090405233304.jpg


*******************

今日はお昼にかんちゃんさんとゆっくり話させて頂く機会がありました。
就活については、あせらずきっちりやって行こうって、改めて思いました!
いいお話、ありがとうございました!

20090405233257.jpg

最後になりますが、久しぶりに竿が折れてしまいました…。
しかも、弟に借りていたベイトロッドが…。

またもや弟に世話かけてしまいまして、とりあえず明日にでも和歌山のロッド修理サービス、チャンスさんに送る予定です…泣。
以下に更新されていました。

http://www.aibateki.com/

大ちゃんのブログ(D-TALK)を読んで改めて思ったのですが、僕は相羽選手の一部しか知りません。
書籍やDVDや釣りビジョン、フィッシングショーでのコメントなど、ほんとその一部分しか知らないと思います。

ただ、その短い間にも相羽選手の人柄、バスフィッシングに対する想い、それに対する真剣な姿勢を見た気でいました。もちろん、今回の不正問題で自分の目が節穴だったのかもしれないと思う反面、やっぱり信じられない気持ちもあります。

上記のリンク先にある謝罪コメントは、僕的にはすごく残念でした。

幼いころからの夢であるバスフィッシングと言うものを汚した。
だから、その舞台から消えていく。

そんなんは所詮逃げでしかありません。
本当に、自分の夢を、ファンの夢を、メーカー関係者の信頼を、一緒に戦った選手たちの思いを、そして同じスポーツを愛するすべての人を裏切ったと心から思うのなら、逃げるのではなく、バス釣りにかかわり続け、恩返しをするべきです。

JBからは除名処分が下されました。
でも、バス釣りに関わってはいけないとは言われていません。

これまでのプライドを捨て、後ろ指を差されようと、陰口を叩かれようと、正面からどんな言葉を投げかけられようと、小さな大会のいちスタッフとしてでもいいから、何年掛かってでも、今までの恩を返していくべきであり、自分自身で償い?をしていくべきだと思います。

10年後でも、20年後でもいい。
いつかその償いが認められたら、またそこから歩き始めたらいいと思います。

もちろん、食べていくにはもうこの業界にはいれないと思います。
だからって、逃げたらあかんと思います。

絶対に、何らかの形で自分なりに恩返しをする。
そうする事で、他人からどういう評価になろうと、相羽選手自身のけじめとして、そうすることが一番だと思います。

う~ん、ニュアンス、伝わりますでしょうか?






行ってきました。
七色ダム。

釣果は、子バスばっかり。
一番大きいのでもキーパーちょうどぐらいでした…。

湖の状況は、前回の釣行に比べて減水傾向で、水温も1度以上下がってる感じでした。

朝一は、昨日60アップが泳いでたと言う下流へ行きますが、見る影もなし。
流れ込み、ガレ場、岩盤、北側、南側、風裏、ウィンディーサイド、表層、ちょいディープなどなど、自分が
思いつくことはやってみましたが、見える魚も激減してて、サイズも落ちてるって感じでした。

昼からは、風がビュービューで、ウメのエレキだと、80でぎりぎり進むぐらい。
とりあえず、後半は巻物に絞って攻めてみました、でっかい魚はバイトはおろか、チェイスすら見かけられず…(泣)

まだまだ勉強ですね。

+++++++++++

そう言えば、不正問題で影が薄くなっていましたが、川口選手、TOP50初優勝(たぶん)おめでとうございました!

せっかくの優勝に、水どころか大洪水を指された形でしたが、3日間、ビッグウェイトを持ち帰り続けた結果の優勝でした!

ちなみに、川口選手の釣りは釣りビジョンで毎月拝見するのですが、オールラウンダーと言うよりはどうも他の選手(釣りビジョンでは、河辺選手と青木選手)とアプローチが違って、他の選手が釣れてると川口選手が釣れてなかったり、他の選手が苦戦するときにガハハと笑いが止まらない釣果を出していたり、ちょっと毛色の違う選手って感じです。

あと……。

もう一人、近辺で優勝した選手がいてはったのですが、本人さんのコメントは「思いっきり影薄くなった!」って事を言ってはったので、心当たりのある方はリンク先からそちらのブログへもどうぞ!

オメット鼻ビーム!!(´ `)ノ‥‥…━━━━━ω``ゞ(><*)oイランイラン!!

2009.04.01 明日は七色。
普段30ヒットそこそこのこのブログが、昨日は277ヒット。

こんなブログにまで記事を探しにくる人がいるって事自体、この不正問題がどれだけ大きな問題化てことをあらわしてると思います。

それと、小森さんやエグジュン、沢村さんなどがそれぞれコメントも発表してましたね。

明日は久しぶりに七色に行ってきます。
なんか、チャプターに出るかどうかわからないんですが、とりあえず今年は七色の勉強ってのを目標にしてるんで…。

釣果があったら、更新します(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。