上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【JB本部】相羽純一の不正行為発覚に伴う除名について

平成21年3月29日(日)、千葉県高滝湖で開催されたJBトップ50シリーズ第1戦最終日に悪質な不正行為が発覚しました。
当日の受付前に綿井副会長が上位選手のタックルチェックを行った際、相羽純一がジュース缶に生きエサを保持していました。本人もその場で生きエサであることを認め、綿井副会長より報告を受けました。

翌30日(月)に役員会を開き、悪質な不正行為であることから除名処分としました。
JB・NBCトーナメントルール第22条8)に則り、過去の成績をすべて抹消したことを関係各位、JB・NBC会員に報告致します。

釣り人のリーダーとなるべき立場の者がこのような行為に至り、関係各位ならびにトーナメントファンの皆様に深くお詫び申し上げます。
今後、このような不正が行われないよう指導してまいります。

平成21年3月30日
JB日本バスプロ協会
会長 山下 茂

++++++++++++

どれだけのプレッシャーの中、競技に参加していたであろうと、これで勝つことに何の意味を見出していたのか全く分かりません。

と言うのは、綺麗事でしょうか?

僕は、本当に大好きなバスプロの一人でした。
色々な噂を聞くことはありましたが、バスプロとしては本当に練習熱心で、センスがあって、他のプロも認めていた筈の相羽選手だったと思います。

これまでも同じ事をやって来ていたとしたら、言語道断。
もし、今回だけだったとしたら、なんて取り返しのつかないことを…。

フィッシングショーやガイドで相羽選手を応援してくれたり、高滝ダムの会場に応援しにきてくれたファン(特にちびっ子)が可愛そうでありません。※スポンサー他、関係者の方々のことは言うまでもないですよね。

また、真相は徐々に明らかになってくるのでしょうか?
スポンサーサイト
2009.03.25 25日の七色
実は、今日も七色に行ってきました。
本当は、今日は天気が悪いとの予報だったので、火曜日に行きたかったのですが、何せWBCの決勝があった為に、泣く泣く延期(笑)

本日となりました。

天気の方は、朝の9時頃まで降ってはいたのですが、それ以降は止んでくれました。ただ、風が強いのと、気温が上がらないので、防寒着を持って行ってても良かったかな?って感じでした。

西の川と本流を釣ったのですが、西の川は魚がわんさか状態。
でも、全く振り向いてくれない…。

ちなみに、日曜と比べてもそんなに水温は落ちてなかったように思いました。

結局、残りの時間は本流で釣ることに。

釣り方は一つ覚えのダウンショットと、一昨年からやっと覚えたミドスト。釣果は、こんなのを7本 と言う結果でした。

ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!

20090325224110.jpg

苦手な七色を練習中です(^^)v

話は違いますが、スロープ近辺の桜はこんな感じ。
20090325224108.jpg


ミヤエモンさんのお話では、同じスロープから出た方で20本以上釣ってる人もいたみたいです…。
ウメは、まだまだって感じです(^^)v

そう言えば、この日は IMAKATSUならぬ、KITAMUTSU さんが取材でこられました!
この様子は、追い追いネットでも公開となるそうです!(^^)v
20090325224112.jpg

20090325224107.jpg
2009.03.22 3月21日の七色
20日は、またボートを簡単にいじってました。
新しく買った魚探用バッテリーのラックを設置したくて、100円ショップに。

とりあえずショップ内にバッテリーを持ち込んで、ぴったりのケースをゲット!
今回使うのはこれだけです。

20090322140222.jpg

ドリルで穴開けて、リベットで留めて、こんな感じに。

20090322140219.jpg

20090322140217.jpg

割と強度も取れたので、しばらくはこれで安心。
あとは、魚探の電源コードを延長して、完成!!!

で、21日はテストも兼ねて七色へ!

当日は放射冷却で、出発する朝の5時時点で気温はほぼ0℃。
車の窓ガラスや、ボートカバーには霜がおりてます(泣)

ただ、七色に到着すると冷え込みはきついですが、お昼近くになれば気温も上がってくるだろうと、今回は防寒着ではなく、カッパで出撃しました。

今後しばらくの目標は、「人の多い少ないを気にしないで、七色を知ろう!」ってことなので、まずは西の川から入りました。西の川の水温は中流で13度弱。最上流では、10度ぐらいでした。気温に比例して、やはり中流域での見えバスが多いでした。

ただし、水温に比例して魚が多い。魚の多さに比例して、今度は釣り人が多い。釣り人が多いから、プレッシャーが高い。そして、魚が賢い。

結局ここでは魚に触ることができずに移動。

次に、本流中流域で気になった場所があったので、そちらにスイムベイトをキャスト。
サイズは小さいですが、バスが付いてきたのでそのあたりをスモラバで探ってみます。すると、30センチ弱のバスが釣れました!その後、その近辺で、スイムベイトにもう1匹きたのですが、それも同サイズだったので、その場所を見切って移動です。

今度は、大叉上流に入りました。

そこで、わーくん発見。
家族で来てたみたいで、船上はにぎやかでした!

20090322140221.jpg

さて、大又の上流は水温も15度近くあって期待してたのですが、釣り人の数はそうでもなかったのですが、魚自体が少なかったのと、風が強く、サイトの釣りはあまりできませんでした。それでも、とりあえず、魚のいてる場所とか、地形とかは前回来た情報も併せると、少しずつはわかってきたつもりで、いつか魚が取れればな~って思ってます。

そう言えば、大又では昼寝を15分とりました。
(実はこの時点で24時間睡眠を取ってなくて…)

仮眠後は、また本流に戻りました。
本流では、今まであまり釣ったことないような場所を中心に釣りをしてみました。

大又や西の川で、魚自体は見ることができたので、それをイメージしながら、スイムベイトやミノー、ジョイクロ、スモラバ、ダウンショットで探っていきます。

1時間ほどすると、何気なく投げたダウンショットにアタリが!
合わせてみると、水中で立ち木に巻かれてるみたいで、いやな感触が…。そして、そのまま止まっちゃいました…(泣)。

2~3秒ぐらい待って、また引っ張ってみると幸運にもまた動き始めました!でも、まだどっかの枝に掛かってる感じで、うまく寄ってきません…。一定のスピードで巻き上げてると、目の前の枝を中心にしてバスが一回転して、なんとかこっちに出てきました!!

サイズもよかったし、ラインもこすれてたので、とりあえずドラグを緩々にして沖に誘導して、なんとかネットイン!45センチは無かったのとも思いますが、コンディションのいいバスでした!

20090322140220.jpg
※てっしーさん、ありがとうございました!

その後も2匹目のドジョウを狙って、釣りをしたんですが、その後はあたりも、チェイスも無く、最後に入った西の川では見えバスの姿も無く、3匹の釣果で終了となりました!

ちなみに、釣り終了後、あまりの眠さに帰り道で30分ほど仮眠を取って、帰宅。帰宅後は、またまた弟んちにお邪魔して、酒飲みながら色々話してたらあっという間に午前2時過ぎ!

部屋に戻って、40時間ぶりにまともな睡眠が取れました(笑)
と言っても、ソファーに座りながらやべっちFCの録画見始めたところまで記憶があるのですが、気づいたらホットカーペットにあり得ない格好で倒れていて、時間は朝の9時でした(笑)




そう言えば、しもPさんのブログで「ヘラつり師さん」の話題が出ていましたが、以前僕もある野池で、人のいいへら釣りのおじさんに会いました。

その池には、工事の足場に使うような鉄筋?で、池にせり出すように足場が組んであって、そこにヘラ釣りのおじさん達が何人か座って釣りをしていました。

僕はその邪魔にならないように、池の対岸で釣りをしていたのですが、おじさん達が帰るようで、その中の一人のおじさんが「おーい、にーちゃん!こっち空くから、釣ったらええで~!!」と声を掛けてくれました。

そのお言葉に甘えて、場所移動をすると、「これ飲んでがんばり!」と缶コーヒーまで分けてくださいまして、「ヘラ釣りの人でも、バス釣りの人に優しい人もいるねんな~」と思った記憶があります。

で、この先がありまして。

しばらく後に、うちの弟が結婚したんですが、弟の義理のお父さんが「その時のおじさん」だったと言う事がわかり、またまたびっくりでした!!

+++++++++

話は変わりますが、机の上にあった、トーナメントで頂いたラインをふと眺めていると「試釣品」の文字が。やっぱり釣り業界では、サンプルを「試釣品」って言うのか!と今更ながらに関心。

20090319090653.jpg
2009.03.18 またまた
20090318150446
ヤフオクでゲットです。

やっぱり、こちらの方がいい感じでしょうか?

ちなみに、お値段は送料込み1080円でした!
2009.03.15 コツコツ
20090315213326
HE5700を譲っていただいてから、エレキと魚探とのバッテリー併用でのノイズ発生が気になっていたので、とうとうヤフオクでゲットしました!

後は、配線と設置カゴが完成したら、またご報告します!(^-^)v
20090308134219
20090308134218
20090308134216
昨日は弟家族とインテックス大阪でアウトドアショーを見てきました!

いつの日か、キャンピングカー欲しいな~(^_-)

買うときは、弟と共同購入やな?(笑)
20090307224434


20090307224428


20090307224426


エレキの電磁石を、ちょっと軽い気持ちで抜いてみたら、結局全部ばらす羽目に…(;_;)

真ん中の磁石の入った円筒がなかなか抜けず、最後は金槌に傷つけ防止のビニールテープをぐるぐる巻きにして、ゴンゴンゴンと叩くとなんとか外れました!(^-^)v

あとは、パーツクリーナーとオイルでメンテ?して、元通りに?(^_-)

次は電磁モーター?本体と、パッキンを取り寄せて、交換してみようかな?

ひでや君、お騒がせしました!
さて、一番暇な人間が一番遅い更新と言うことで、申し訳ありません…(泣)

では、前日のプラから。
その前の週に一度入ったんですが、魚は本流の立ち木絡みで、メタルで獲れた1匹のみ。

で、この日はこんな感じで回りました。

○西の川
最下流から中流域までクランクとスクリューベイト、ミドスト、キャロなどで流してみますが、下流域ではベイトが目視でき、中流域では魚探でベイトらしき物を発見できたのですが、特に中流域では雨のせいか濁った水が流れ込んでいるせいか、間違ったことをしてるのか、全く当たりなし。

○本流下流の流れ込み&立ち木
自分の中で、いまいち立ち木の役割が固まってないので、とりあえずメタルとクランク、シャッドで探ってみます。流れ込みによっては、いい感じでベイトが固まっていたり、水温もそれなりに高く、良さそうな感じだったんですが、結局は当たりなく、移動となりました。

で、ここでは珍しい風景に遭遇しまして…。
どなたとは言いませんが、赤いキャップをかぶった、バスワールドにも取材されるようなお方が牽引されてます…。

20090228110429.jpg

○本流と大叉のインターセクション
次に入ったのがここでした。ここも目当ては水中立ち木で、その回りの15メートルぐらいまでをキャロとDSで狙います。が、ここでもノー感じ。


○その下流のクリーク
人ごみを避ける傾向のあるウメが、今まで出た七色戦の7割以上の時間を割いていると思われる大叉下流のクリークですが、今回は本流に比べ水温も高く、ベイトも目視でき、なかなか素敵な感じでした。

ここまで来るのに時間は15時前となっていましたが、8~10メートルぐらいから一気に1メートルぐらいまで駆け上がるカケアガリがいくつかあり、その上下を中心に魚を探して見ました。

結局、このカケアガリの下側に溜まってる流木の塊?をキャロで探っていると、250~500ぐらいのキーパーが3キャスト、3フィッシュで獲れ、カケアガリの上流側ではナイスキーパーのボイルも発生していたので、明日はここしかないと決めて、帰路に着きました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。