上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.30 お引越し
今日はうちの会社の関西支社が引越しと言うことで、プラにも行けずに出勤です。

■引越し前はこんなところに机が4つ。
20080829143612.jpg

■そんなところでも、ダンボールにつめると結構あります。
20080829172429.jpg

■で、引越し先は12個の机があるオフィス。
  支社は社員5名。ちょっと広すぎる…。
20080830134237.jpg


さて、今から帰って、七色プラの準備です!
スポンサーサイト
2008.08.26 七色プラ
さて、今週も七色プラに行ってきました。

今回もカルディナでの釣行だったので、スロープロクマルさんを利用。
ウメのカルディナはトレーラーを引くと車の後ろ側が異常に下がってしまい、ちょっとの段差でも「ガリガリガリ…」。なので、カルディナの場合はランチングはいつもロクマルでパジェロをお借りしてます。

夜中2時ごろに家を出て、ボートをピックアップして、4時ごろに到着。
一応ボートに積めるものは積んで、寝床を確保してから寝ました。

なんかやけに隣で車のドアがバタンバタンするので目が覚めると、時間は5時半。外は生憎の雨です。

隣には、去年チャプターデビューの同期?村田さんの姿が。
どうも奥さんと来てはるみたいですが、雨のためにとりあえずお一人で釣行の準備中との事。

いざボートをランチング。
水位は満水です。

この日は西の川から下流にかけて本流を流してきました。
生憎の雨のせいなのか、魚が散っているようでなかなか釣れません。

結局ギリギリキーパーってぐらいの魚が濃いエリアは見つかったんですが、キッカーになるような魚が釣れる場所は見つかりませんでした…。

そう言えば、この日明らかに60オーバーの、鯉と見間違えるような太っ腹のバスを発見し、追跡すること1キロほど。結局、しとめるテクも持ってるはずもなく、敢え無くバスは消えちゃいました…。
でも、ちょっとだけサイトマスターのはな○りさんの真似っこしてるようで、テンションあがりました(笑)

と、そんなに収穫もなく、次の日の課題てんこ盛りでいざスロープへ帰ります。

すると、ティーズオンの桟橋付近に隊長の姿が。
きじ○さんと、かんちゃんさんも一緒です!

そこで子バスと遊ぼう大会が開かれてましたが、なんとウメには一匹も釣れず…。
やっぱり腕が違います…腕が(泣)

その後は津風呂のプラから直接向かってこられた森Pさんが合流し、隊長・きじ○さん・かんちゃんさんと5人できなりの湯へ。

そこで事件が!!!

ウメ「あれ?なんか足切れてる…」
もりPさん「それヒルちゃう??」
ウメ「え???」

なんと右足首を3箇所もやられてます。
しかも血が止まらない…。

温泉入ってから気づいたのですが、受付のおねーさんにバンドエイドをもらってペタリ。
隊長も言ってはりましたが、雨の日は特にヒルの攻撃には気をつけてくださいね。ちなみに、噛まれたときはライターであぶるのが一番だそうです(^^)v

その後は、食堂?に移動し、機嫌よくカレー&そば&生ビール&冷奴&生ビール&きじ○さんからのハーゲンダッツを頂き(^^)v、腹パンパンにしてスロープに戻りました。

そこから2次会が始まり、10時半ごろにはリーダーも到着され、釣りの話に、プライベートな話に、色々花を咲かせながら12時ごろには就寝しました。

翌日も釣りをしたんですが、気象予報士(どのテレビ局かは内緒ですw)の予報が見事外れてしまい、白Tシャツをべしょべしょ&スケスケにしながら釣りをしたウメでしたが、結局ナイスサイズは釣れず、数釣りだけして2日間の釣行を終えました。

みなさん、カッパは絶対積んでいったほうがいいですよ!
釣ってるときの雨はまだまっしなんですが、移動始めると気化熱で震えが止まりません(笑)

■隊長と、魚の親玉さんが飲んではります(笑)
20080823195512.jpg


■次の日はリーダー艇にもりPさんが同船。
20080824173825.jpg

そう言えば、この日の夕方も、リーダー艇で「みんなで魚釣ろう!大会」が開かれてましたが、ウメは釣れず…。

ほんま、精進しなきゃです(泣)




2008.08.22 筋。
オリンピックも注目の競技はほぼ終わった感じですかね?
野球にサッカーは、日本での注目度に反比例して非常に寂しい結果でした。

もちろん期待以上の成果を残した選手もいました。
その代表が北島選手といえるかな?

で、今回はこの北島選手についてちょっと思ったことです。

++++++++

水泳競技といえば、オリンピック直前にアメリカの大統領候補戦ぐらい盛り上がった問題がありました。そう、水着問題です。

詳しいことはあまり知らないのですが、日本水泳協会はミズノ他3社との寡占契約を結んで、その契約料として安くはない金額を各スポンサーからもらっていました。

でも、スピード社製の水着をきた他国の選手がどんどんいい記録を出し始めたことから、騒動が持ち上がります。特に、北島選手はミズノとの個人契約を結んでいたことから、「北島選手が他社製の水着を着ることは、北島選手自身の契約違反となる」と言うことで、注目されていました。

そして、オリンピックが近づくにつれて、各選手の意見が明らかになりました。

「契約はしてるけれども、スピード社製の水着を着て見たい」

ま、簡単に言うとこういうことですよね。
そこで、契約各社は苦渋の決断をしました。

「契約違反と言う事には目をつぶって、実質的に契約を破棄してしまおう」、と。
そして対外的には「ミズノは北島選手を応援します!」と謳いました。

その後の結果は皆さんの知るように、スピード社製の水着を着た北島選手は、世界新記録も出し、2冠を達成しました!!!

★:゚*☆※>('-'*)♪オメデトウ♪(*'-')<※★:゚*☆

++++++++++++++

さて、話はここからです。
北島選手他、日本水泳協会の判断について、それを聞いたときから少し違和感がありました。

スポンサーというのは、スポンサードしてる選手に出している契約金は、基本広告料です。
その選手が自社の製品を使って活躍し、それをみた消費者が商品を購入する。そこで上がった利益の一部を、またスポンサードする選手に戻すことで、いい循環が生まれます。

選手はスポンサーに対して、二つの選択基準があります。
1.商品の性能に納得してスポンサードを受ける
2.商品の性能には納得してないが、契約内容に納得してスポンサードを受ける。

今回の件では、当初どっちの基準かは知りませんが、北島選手はミズノのスポンサードを受けることにしました。そして、時間が流れ、オリンピック直前になって自体が急変しました。

結局各スポンサーが妥協した形になりましたが、普通の感覚ではスポンサードという形で少なからぬ金額をもらっている以上、周りがなんと言おうと、水泳協会や北島選手は次のような判断をするべきではなかったんでしょうか?

1.スポンサーであるミズノの商品をつけ出場。勝っても負けてもそれでよし。
2.勝ちたかったから、スピード社製の水着を着用。ミズノには契約違約金とまでは行かなくとも、当初の契約金ぐらいはきちんとお返しして、フリーの北島、フリーの水泳協会としてオリンピックに挑む。

今回のような「スポンサーは続けてもらうが、商品は着ない」なんて判断、普通はできないんじゃないかな?って思うんですが、みなさんいかがでしょう?

日本の企業が潔くって良かったと思いますが、契約重視の諸外国であれば、大問題になるんじゃないかな~と思いながら、通勤途中にあるミズノ専門店の頑張れ!日本!の水泳のパネルがちょっと白々しく見えた今朝でした。







さて、もう自分でもほとんど忘れてしまいましたが、津風呂湖戦での教訓を。

金曜日の夜は大阪で飲みがあったので、終電⇒仮眠⇒出発 で、津風呂に着いたのは朝の5時前。
会場には、お馴染みの先輩方の車が結構止まってました。

空が明けてくると、湖面の状況もわかってきました。

「えらい減水」

エロい。ではありません。
めちゃめちゃひどい減水です。
たぶん、一週間で1.5メートルぐらい?

これでウメの試合に向けての作戦の8割が駄目になってしまいました(泣)

⇒長くなりそうなんで、続きます

... 続きを読む
2008.08.18 盆休み。
暑さ寒さも彼岸までと言いますが、それよるとあと一ヶ月は暑さが続くと言うことで、ちょっとげんなりしてしまいますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

ちなみに、夜寝るときは、クーラーが効きすぎて、上布団かぶってます。
でも、窓開けて寝るのは、泥棒が怖くて出来ません…。

なので、たぶんあと数週間で風邪引くと思います。

+++++++++++++

では、このお盆の週を簡単に振り返ります。

【12日】 行きつけの居酒屋でポッドキャスト録ってきました。
      友達がやってるインターネットラジオ?です。

【14-15日】
この日から会社が休みだったので、七色ダムにプラ。

■こんな風景の中で…
200808160859243.jpg


■こんなのが釣れました!でも、トーナメントエリア外?(笑)
20080814152637.jpg

■湖上で森Pさんがちょっとテンション下がり気味…。
20080814181344.jpg


■そして、夜は更けて行きまして…。
20080814222937.jpg



で、七色二日目は、森Pさんと同船させて頂くことに。
ほんま勉強になりました!

たぶん、試合当日も「森Pのワームに、バスが………キター!!!!」連発??(笑)

二日間御一緒させていただいた、リザーバーの先輩方、お疲れ様でした!(^^)v



【16日】
朝から、家の手伝い。
朝7時に起きて、9時まで。

■屋根に上って、ペンキ塗り塗り。
20080816074951.jpg


■この家は、当時大工の棟梁をやっていたウメの曾祖父が建てたらしく、もうう70年以上になるらしい。
20080816075314.jpg



■9時半から、町内の祭りの準備。
20080816085924.jpg



■夕方からは焼きそば220人分を担当(調理人2人)。
  結構似合ってる?
20080816162022.jpg



■会場では、フランクフルト、カキ氷、生ビール、こんにゃく、金魚すくい、等など町内のおじさん、おばさんがそれぞれ担当しています。
20080816175541.jpg



■最後は抽選会!親父が最後の最後にこんなん当たりました。
20080817202554.jpg


ワォォォォォォォォン!!

津風呂戦に参加された皆様、暑い中本当にお疲れ様でした。
試合後教室の開催をお手伝いされたプロの方々、本当にご苦労様でした。

さて、今回の試合は完全にやっちゃいました…(泣)

と言うことで、今日の日記は「負け犬の遠吠え」となる事を自覚しながら、一応プラからの流れを書きたいと思います。

+++++++++

さて、先日のJB津風呂での結果を踏まえて、とりあえず入賞1キロ、お立ち1.5キロの目標を立てました。ただ、1キロを狙う場合は3匹。1.5キロを狙う場合は1匹という形になりそうで、まずプラでは津風呂でのキッカーを探すことにしました。もちろん、その中でキーパー場も見つけるつもりではありましたが…。

結果から言いますと、プラでは左右共に入ったのですが、その中でも本流にあるレイダウンや岩の出っ張り、岬の何箇所かで40~50ぐらいのバスがフローティングミノーにチェイスしてきました。

特に、ジョイントのビッグベイトには、毎回フッキングには至らないのですが明確なバイトがあり、そのバイトをいかに乗せるか?を考えていました。ただし、そのバイトも朝一か夕方の遅い時間しかバイトがなく、試合では朝一にその場所に入れるかがキーだと思っていました。
(ビッグベイトの甘噛み対策にフェザーフックを買ったのですが、エコ対応じゃなかったみたいで、結局対策は出来ないままでしたが…南無)

またこれ以外に、日中にいかに大きなバスをかけるか?と言うことも並行して探してみたのですが、この場合は少しでも流れがあるであろう場所(右で言えば、つり橋のある川幅がかなり狭くなっている場所)で深めをクランクやミノーで探り、前週のプラではディープクランクで1400の魚が!!

■今思えば、これが悪魔のささやき??(笑)
20080802072149.jpg


そして、戦略としては以下のように決めました。

1.デカバス探し。
○本流傍のレイダウン+ビッグベイト
○右のつり橋ぐらいから上流に向かって右の岩盤+フローティングミノー or ディープクランク
○島周りの岬+DS or ディープクランク 

2.キーパー取り
○おにわ?に入った左側の小さいワンド
(これは下地さんと同船させて頂いたときに下地さんが釣ってはったので…)
○右、島周りにあるワンド?のレイダウン+テキサス
○電線下よりひとつ上流のベンドのアウトサイド側+DS or ミノー

キーパーに関しては、プラでは深いところはDS、オーバーハング近くは中型ミノーやジョイクロでも30弱までの魚が釣れてたので、最悪1~2匹は釣れるんちゃうかな?と高を括っておりました。



が、結局はデコっちゃったのですが、その模様は次に書かせて頂きます!
2008.08.08 弔辞
8月2日にあなたの訃報に接しました。6年間の長きにわたる闘病生活の中で、ほんのわずかではありますが回復に向かっていたのに、本当に残念です。

 われわれの世代は赤塚先生の作品に影響された第1世代といっていいでしょう。あなたの今までになかった作品や、その特異なキャラクター、私たち世代に強烈に受け入れられました。10代の終わりからわれわれの青春は赤塚不二夫一色でした。

 何年か過ぎ、私がお笑いの世界を目指して九州から上京して、歌舞伎町の裏の小さなバーでライブみたいなことをやっていた時に、あなたは突然私の眼前に現れました。その時のことは今でもはっきり覚えています。赤塚不二夫が来た。あれが赤塚不二夫だ。私を見ている。この突然の出来事で、重大なことに、私はあがることすらできませんでした。終わって私のところにやってきたあなたは、「君は面白い。お笑いの世界に入れ。8月の終わりに僕の番組があるからそれに出ろ。それまでは住むところがないから、私のマンションにいろ」と、こう言いました。自分の人生にも他人の人生にも影響を及ぼすような大きな決断を、この人はこの場でしたのです。それにも度肝を抜かれました。

 それから長い付き合いが始まりました。しばらくは毎日新宿の「ひとみ寿司」というところで夕方に集まっては深夜までどんちゃん騒ぎをし、いろんなネタを作りながら、あなたに教えを受けました。いろんなことを語ってくれました。お笑いのこと、映画のこと、絵画のこと。他のこともいろいろとあなたに学びました。あなたが私に言ってくれたことは、いまだに私にとって金言として心の中に残っています。そして仕事に生かしております。

 赤塚先生は本当に優しい方です。シャイな方です。麻雀をする時も、相手の振り込みであがると相手が機嫌を悪くするのを恐れて、ツモでしかあがりませんでした。あなたが麻雀で勝ったところを見たことがありません。その裏には強烈な反骨精神もありました。あなたはすべての人を快く受け入れました。そのためにだまされたことも数々あります。金銭的にも大きな打撃を受けたこともあります。しかし、あなたから後悔の言葉や相手を恨む言葉を聞いたことはありません。

 あなたは私の父のようであり、兄のようであり、そして時折見せるあの底抜けに無邪気な笑顔は、はるか年下の弟のようでもありました。あなたは生活すべてがギャグでした。たこちゃん(たこ八郎さん)の葬儀の時に、大きく笑いながらも目からはぼろぼろと涙がこぼれ落ち、出棺の時、たこちゃんの額をぴしゃりと叩いては、「この野郎、逝きやがった」と、また高笑いしながら大きな涙を流していました。あなたはギャグによって物事を動かしていったのです。

 あなたの考えはすべての出来事、存在をあるがままに前向きに肯定し、受け入れることです。それによって人間は、重苦しい陰の世界から解放され、軽やかになり、また、時間は前後関係を断ち放たれて、その時、その場が異様に明るく感じられます。この考えをあなたは見事に一言で言い表しています。すなわち、「これでいいのだ」と。

 今、2人で過ごしたいろんな出来事が、場面が、思い浮かんでいます。軽井沢で過ごした何度かの正月、伊豆での正月、そして海外への、あの珍道中。どれもが本当にこんな楽しいことがあっていいのかと思うばかりのすばらしい時間でした。最後になったのが京都五山の送り火です。あの時のあなたの柔和な笑顔は、お互いの労をねぎらっているようで、一生忘れることができません。

 あなたは今この会場のどこか片隅で、ちょっと高い所から、あぐらをかいて、ひじを付き、ニコニコと眺めていることでしょう。そして私に「おまえもお笑いやってるなら弔辞で笑わしてみろ」と言ってるに違いありません。あなたにとって死も1つのギャグなのかもしれません。

 私は人生で初めて読む弔辞が、あなたへのものとは夢想だにしませんでした。私はあなたに生前お世話になりながら、一言もお礼を言ったことがありません。それは肉親以上の関係であるあなたとの間に、お礼を言う時に漂う他人行儀な雰囲気がたまらなかったのです。あなたも同じ考えだということを、他人を通じて知りました。しかし、今、お礼を言わさせていただきます。赤塚先生、本当にお世話になりました。ありがとうございました。私もあなたの数多くの作品の1つです。合掌。

 平成20年8月7日、森田一義

PN2008080201000736.jpg

++++++++++++++++

僕は、人は死んだ時に周りの人が、どんな気持ちで見送ってくれるのか?にその人の生き様が現われると思ってます。

赤塚不二夫さんを偲ぶ、数々の声、エピソードを目の当たりにすると、改めて“偉大な漫画家”ではなく、“唯一無二の赤塚富士夫”がこの世を去ってしまったんだと感じさせられます。
色々あったんですが東京出張に行ってきました。

月曜の9時からの会議に出るために、いつも日曜日の夜には東京入り。
ウメの家からだと、始発に乗っても東京に付くのは11時前なんで、いつも前入りです。

今日は東京でお世話になった「大人のためのサッカー教室」に久しぶりに参加するために、ちょっと早めに東京入りしました。

このサッカー教室は、元日本代表の木村和司さんが経営する「シュート」と言う会社が主催で、場所は日本の最高学府「東京大学」のグランウンドを使っての教室です。木村和司さんといえば、僕らの歳ぐらいだと結構知ってる人も多いんですかね?日韓戦の伝説のフリーキック、今でも語り草ですね(^^)v

最近の若い人は、もう知らないほうが多いみたいですけど…(笑)

毎週日曜日にサッカー初めての人から経験者まで、男女問わず参加できます。参加費2500円。

ウメは東京に行ったときに社会人サッカーチームに所属していたんですが、ある練習試合の相手チームに女の子が先発してました。その子がまた上手い上手い!!

試合後、話をしてみたらなんと和司さんの娘さん。名前はりえちゃん。
で、「実はサッカー教室してるんで来ないですか?」って誘われたのがきっかけで在京中の7年ぐらい、通った教室でした。

仲の良かったコーチのひとりに陸コーチと言うコーチがいてたんですが、その彼が今年から「シュートマレーシア」のコーチとしてマレーシアで単身、日本人学校に通う生徒などを対象にサッカーのコーチをしており、今回僕が久しぶりに参加した理由の一つに、その陸が久しぶりに帰国、大人のサッカー教室にコーチとして参加と言う事もありました。

ま、教室自体本当に久しぶりだったんですが、声かけてくれる人、人が必ず

「ぽっちゃりしました?」
「太りました?」
「どうしたんですか!!(その体系…)」

的な話で、寂しいこと至極でしたが(笑)、陸やりえちゃん始め、コーチや顔なじみの生徒のみんなが色々声かけてくれて、夏の暑い日差しの中3時間弱、懐かしい時間を過ごしてきました。

■これが赤門です。
20080803141458.jpg

■左から“陸“、陸のマレーシアでのアシスタント“ハリス”、“りえちゃん”“大久保君”。

20080803140455.jpg


他に、和司さんや、元横浜マリノスの鈴木正治さん、元フリューゲルスフロントの大松さん等など、面白コーチが満載(笑)

■これは去年静岡県御殿場であった大人のサッカー合宿での写真。

P3020119.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。