上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この三連休は家の片づけを手伝ってましたが、こんなものが出てきました!

■シャープのテレビ

20070923102432.jpg



■ONKYOのラジオ
20070923102513.jpg



■そして、まだ純粋だったウメが使ってたランドセル
20070922192841.jpg



その他にも、20年物の梅酒とか、「文永」と書かれた箱に入った使い古された皿とか、総重量30キロぐらいの砂糖とか…(笑)

うちの祖父のオヤジさんが建てた家みたいで、もう築70年ぐらい?まだ五右衛門風呂ですw(゚ー゚;)wワオッ!!

でも、今年には風呂周り改修予定なので、ウメも改築前には五右衛門風呂入り収めして、また写メでもアップしますね!

スポンサーサイト
2007.09.26 拍手
20070926184044
Basserの紙面より。
なんとなく嬉しくなりますね!
まだ買えてないですが…(つд`)
さて、3連休前の金曜日。定時は18時ですが、ちょっと早めの書き込みです。仕事関係の皆様は、チクッたりしないようにね(笑)

で、気を取り直してもう一度二日目の朝から書き直します。

前日の晩、美味しいお酒を飲んだウメとしゅくは部屋に戻るなり爆睡。ウメが目覚めたのは、次の日のAM3時半ごろでした。この日は釣りしないのに早く目が覚めてしまうのは釣り人の性でしょうか?(笑)

お礼がてら、WRに顔ださせてもらおうかな~なんて思ってるうちにあっと言う間に夢の中…目が覚めると7時半頃でした。
w(゚ー゚;)wワオッ!!

外は結構な大雨で、「今日トーナメントって言ってた吉川さんと藤代さん(WRブログ参照)とか、七色プラの隊長とか大丈夫かな?」なんて思いながら、雨具を乾燥機に掛けたり、部屋片付けたりしてました。

ふと車に忘れ物を取りに行こうとすると秘密部屋におっちゃんの姿が!!

ウメ「昨日はありがとうございました!」
おっちゃん「ウメ、この○ッチ動画見てみ~w」

なんて高尚な会話を交わし、また準備に戻りました。

■ここがおっちゃんの秘密基地!
ここであんな事(ブログの更新)やこんな事(書けないことw)をしてるそうです!
(/▽*\)~♪ イヤァン

P9160331.jpg


■カーブの二階はこんな感じ!
お馴染みの方も多いですよね!
P9160329.jpg

P9160328.jpg



さて、9時半頃には準備も出来、カーブの2階を出発。
と言っても、朝食がまだだったので近くのディリーへ。

そこで、こんな方にお会いしました!

■七色に浮かんでるはずの隊長&よしき君
P9160332.jpg


昨晩呑み過ぎて、しかもこの天気。
ちょっと遅めの出発となったようそうです!

隊長から紀伊半島情報を仕入れ、いざ出発。

目指すは以下のポイント!
○獅子岩(隊長情報)
○橋杭岩(しもじぃさん情報)
○那智の滝(しゅく希望)
○千畳敷(ウメの遠い日の記憶)


ただ、この日の天気は本当にひどくて、めっちゃ晴れてた天気が獅子岩あたりで降ってきて、那智の滝がちょっと上がって、橋杭岩は土砂降り…。

近くにアメフラシさんが来られてるんじゃないか?と見回してしまうほどの天気でした…なんて、ゴメンナサイ(笑)
ペコリ(o_ _)o))



さて、那智の滝を見終わった二人の目に、こんな看板が飛び込んできました!

「南紀白浜の海鮮マーケット“とれとれ市場南紀白浜”103キロ先

103キロ先ですよ?

「こんなん誰がいくねん!(笑)」

と突っ込みを入れつつ、お昼ご飯を食べる場所を探します。
そして、見つけたのがここ!!


P9160392.jpg


「来ちゃった…(。-_-。)ポッ」
  とれとれ市場

P9160384.jpg


「エビも食べちゃった…(⌒^⌒)bうふっ」

P9160388.jpg


って事で、結局103キロ走っちゃったんですね~(笑)
恐るべし、あの看板…。

さて、とれとれ市場までの観光をダイジェストで!!

■非常に波が高かった「獅子岩周辺」

P9160342_R.jpg

P9160339_R.jpg


■世界遺産のなんとか大社?
 結婚式してました。
P9160346.jpg




■那智の滝。昔の彼女と来たな~。
P9160354_R.jpg



■潮岬。本州最南端。
P9160374_R.jpg

P9160375_R.jpg

200709161440000.jpg

P9160362_R.jpg



こんな感じで、二日目は終わりました。

ちなみに、この日泊まったのは白浜の民宿「浜辺」
200709161809000.jpg


素泊まり一人4500円にクーラー&テレビが各1時間100円。
ま、とれとれ市場で5時前にお昼ご飯食べた二人は、コンビニ軽い夕食を買って、そのまま「メントレ~沢尻エリカ編~」を見て、そのまま眠りに付きました…。

さ、消えてしまわないうちにアップだ!!!

続く…。
2007.09.20 (泣)
力作が消えちゃいました…。また明日書きます(つд`)
さて、この3連休は大学の友達“しゅく”と紀伊半島巡りしてきました!

この3連休に関しましては、紀伊半島情報をメール頂いたしもじぃさん、お電話くれはった隊長、そして初日のボート昇降からご飯、宿、弥一の割引券まで色々お世話になりましたWRのおっちゃん&正治さん&ひでやくん、本当にありがとうございました。(人-)謝謝(-人)謝謝

しゅくとは、大学で知り合いました。同じ経済学科の前半クラスで、ウメが一人身になるとしゅくとツルむ状態で、卒業間近の4年生の9月には、二人で3週間掛けて「車で日本一周!」もしてきました。

大分出身のしゅくですが、卒業後は京都に就職先を見つけ、それからずっと関西で住んでます。去年は琵琶湖、今年は紀伊半島巡りとなりました!


さて、初日の池原釣行は天気にやられました…。
雨というんでもなく、晴れ⇒大雨⇒くもり⇒小雨⇒大雨⇒晴れ⇒大雨みたいな規則性もないような変な天気で、雨具を着たり脱いだり、忙しい一日でした。

釣果はこんなかんじです。

■浅いところは小さくて、深いと少しはまっしでした。
P9150310_R.jpg

P9150316_R.jpg

P9150319_R.jpg


雨のせいか、最近お気に入りの飲み屋のせいか、ウメの顔がやたら太っておりますが…(笑)

+++++++++++++++

夕方、おっちゃんとひでやくんにボート片付けお付き合い頂きいつも感謝してます…)、本日の宿「カーブの二階」に向かいました!

荷物を降ろし、きなりの湯に入って、その後おっちゃんの紹介で居酒屋「つなぎめ」デビュー!

ここの料理が美味しい美味しい!!

200709152006000.jpg

200709152108000.jpg



写真はおっちゃんにご馳走になったウニですが、それ以外にもから揚げ(これは絶品!!)や太刀魚の塩焼きなどなど…注文する料理は全部当たり!!

下北山でのしゅくとの二人だけのプチ同窓会。
本当に楽しく過ごさせて頂きました。

おっちゃん&正治さん、本当にご馳走様でした!!
ペコリ(o_ _)o))

さて、前の日に2時間ほどしか寝てなかった二人は、その後カーブの二階に戻って爆睡となりました…。

続く…。
20070919084654
昨日、新しい携帯に変えました!
タッチパネル式で、こんなこともできます!

新しい物好きのウメには、いいオモチャかな?
2007.09.14 明日は池原!
明日は大学時代の友達と一年ぶりに遊びます。
ちなみに、去年はまだ免許取り立て、マイボートもなく、頑張って琵琶湖に浮かんで来ました!

で、今年もどっかで釣りをしたいというので土曜日に池原ダムに浮かぶことになりました。その後、日曜-月曜日とかけて紀伊半島を回ってこようかと…。

最近の池原はディープでいい魚が捕れてるみたいなんですが、ウメにディープは難しそう…。でも、避けては通れない道だと思うので、明日おっちゃんやヒデヤ君に聞きながら、ちょっとでも覚えられたらな~って感じです。

また、紀伊半島めぐりは「那智の滝」と「熊野古道」に行きたいらしいんですが、諸先輩方でもしいい観光スポット、もしくはいいお食事どころをご存知であれば、是非アドバイス頂ければ嬉しいです!
(..)(^^)(^。^)(*^o^)(^O^)ウレシーーー!!

では、週末は天気悪いみたいですが、水辺に立たれる皆様、事故のないように楽しみましょう!
(* ̄0 ̄*)ノ オォー!!
レイクバカラック。
確かこの湖を映像で見たのは、『SneakerFishers』とかいう特番で、糸井重里と奥田民生がゲーリーヤマモトのガイドでバカラックを釣る!ってコーナーで見たのが初めてでした。

その番組で、印象に残ってる場面があるんですが、たまたま他の掲示板でその再現文?を見つけたので、転載しときます。

+++++++++++;

立ち木エリアにて:
レイクバカラックのとあるワンド。赤茶けた荒野が湖に溶け込む。
その先には無数の立ち木。その間を縫うようにボートは進む。

水没した木々の間をスウーッとボートを進めるゲーリーヤマモト。
彼のピッチングは音もなく正確に木の根元めがけて送り込まれる。
「シュポッ、スーウ、シュポッ、スーウ」繰り返される単調な動作。
突然、静寂を破るゲーリーのあわせ。「シュポアッ、ドババババ」
これで何匹目のバスだろう。10ポンド近いヤツも含めてコンスタントにゲーリーはキャッチ数を増やしていく。
バスは立ち木にタイトについているようだ。正確にしかも静かに8インチグラブを送り込めなければ
バイトは望めない。

バックシートの糸井は・・・・
技量が明らかに劣る彼はなかなかスムーズにピッチングでワームを送り込む事が出来ない。
「ヒュー、ボチャッ。ヒュー、ボチャッ。」むなしく繰り返される単調な動作。
釣れない彼は魅入られたようにゲーリーが投げ終わったスポットを狙ってしまう。
“あそこでつれたから俺にも・・・・” 釣れない素人の心の動き。
上手な人と同じスポットを攻めれば自分にもチャンスが巡ってくる、と考えているのが
手にとるようにわかってしまう。繰り返されるむだなキャスト。
「ヒュー、ボチャッ。ヒュー、ボチャッ。」

「なんで僕の後ばかり投げるの!僕がこっち(右側)投げるから向こう(左側)に投げればいいじゃない!!」
いらだつゲーリーの罵声が飛ぶ。一瞬にして船上に緊張が走る。

ピーンと張り詰めた空気の中でますます動作が不正確になる糸井。

真似をするべきはそのスポットではなくゲーリーのピッチングの正確さと静かさなのに・・・

見かねたゲーリーが指導する。
「木の根元に投げられないならこうすればいいのよ。」
ピッチングが下手な糸井に自ら投げて見せるゲーリー。
立ち木の向こうがわ5メートルぐらいにキャストして、ロッドを立てラインスラックをとることにより
ワームを木の根元にフリーで落とし込む。
直接狙えない糸井でもこれなら出来るはず、ガイド歴の長いゲーリーの相手の技量を見越した
うまい指導だ。

が、糸井はゲーリーの意図したことが理解できない。それとも「俺は一人前のバサーなんだ。
カメラの前でかっこ悪いところ見せられるか」というつまらないプライドなのか。
必死になって木の根元を狙って、相変わらず同じピッチングを繰り返す。
むだなキャストが何度か繰り返されたその後、ゲーリーが切れた。

「ハガユイヨ!!!」

ゲーリーの強烈な一言。言葉は普通だ、普通なだけに凄みがあった。
“静かなアプローチ”が理解できない糸井に対してゲーリーが取った行動はあまりに過激で
我々一般バサーからは温厚な人柄と思われていただけに衝撃的だった。
「あーあ、嫌になるよ」言葉としては出てこないが後姿からはそんなゲーリーンの
気持ちが手にとるようにわかった。

沈黙の世界に逃げ込む糸井。レイクバカラックが静寂に包まれた一瞬だった。

++++++++++++++

確かに、この場面は衝撃的でした。
と言うか、しばらく『ハガユイヨ…』はウメの中で流行ってました(笑)

で、それからずっと「あんなところで釣りしたいな~」って思いがあります。幸い、ウメはまだ結婚もしてないので、新婚旅行とかで行こうかな?とも思ったりするのですが、嫁さん候補(未定)がどう思うかわからないで、もしかしたら本場ディズニーランド内でもバス釣りが出来るらしいので、そっちで我慢するかもしれません(笑)

にしても、バカラックはバスを観光資源として、宿泊施設/ボート/ガイドなどきちん成り立ってるようですね。

池原/七色の将来も、バスと言うものに対して色んな人(村の方や釣り人、観光関係の方等)が気持ちよく関われる湖になったら良いな~って思ったりしますけど、でも、あんまり人が多くくるのは、今でもヒィーヒィー言ってる下手っぴなウメにはちょっと辛いかも知れません(笑)

+++++++++++

でも、池原も七色も10ポンドに近いバスも結構あがってるんですよね~。25万も出してメキシコ行くより、池原/七色に100回通ったほうが確率は高いかもしませんね(笑)

ちなみに、「スニーカー履いて気楽に釣りにこう!」っていう意味の『SneakerFishers』は1997年にウメの弟と二人で作ったチーム名?に使わせてもらってます!(笑)

キャー!カカッタノダ♪(*゚ー゚)ノ\____((¶))


plate.jpg

今日朝から日本VSスイス戦を見てました。
結果はともかく、ウメなりに今の日本代表見て思う事を少し。


□稲本選手
なんか、吹っ切れたって感じ。
積極的なボール奪取と、精度の高いロングボールは素敵!

□松井選手
ドリブルは楽しめた。

■巻選手
今日は何ぼほどオフサイドなんねん!って感じでした、しかも自分の目線の先に相手DFがいて、思いっきりラインを出ちゃってるのは、ウメらのレベルでも怒られます。
しかも、巻選手が使われるってのは、裏への飛び出しでなく、ポストの強さを求められてるわけで、そういう意味で、点は取ったけど、なんかチグハグな感じでした。

■加地&駒野選手
サイドバックが上がったら、きちんと『いいボール』を上げて欲しい!ゴールライン辺りまで上がっても、すぐボール戻しちゃうし、いざセンターリング上げてもフォワードが前向いて勝負できるセンターリングではなく、どっちかと言うとスピードを殺さなくてはいけないようなセンターリング…。

サイド攻撃が大事って言われててのあの精度はちょっと苦しいな~。

■鈴木選手
パスミスが多い。そして、相手の格好のカウンターになる。

■オシム監督
巻の起用はやっぱり納得できない…。
今日は2点に絡んだけど、その結果を出すまでにあまりに時間が掛かりすぎてると言うか…。


と言うことで、もし試合を見てはった方がおられれば、色々とご意見もあるでしょうが、ウメはこんな感じで見てました!

さて、今日は2ヶ月ぶりに社会人サッカー復帰です!
C= C= C= C= C= C= ┌(;・_・)┘ ))● サッカー
TOP503.jpg



先日開催されたTOP50第3戦 野尻湖(ベイトブレスカップ)で相羽選手が野尻湖戦メジャー5連覇を達成したそうです。

トーナメントにおいて、湖を知るローカルの選手が必ずしも強いのか?と言うと、そうではないですよね~。

ウメからすると、自分のパターンを毎年公開しながらも、翌年にはそれを上回る何かを見つけて勝ち続けてるってのは、ほんまに尊敬してしまいます。

ちなみに、下野プロが9位。小森プロが21位。横山プロが42位だったそうです。

■詳細はこちら。
http://www.jbnbc.jp/_JB2007/view_result.php?t_id=130&page=result&u_id=11
2007.09.10 怖かった…
そう言えば、この土曜日にお世話になったホワイトリバーのおっちゃんに「どんくさいんから、はよ帰れよ~w」の温かいお言葉を頂いて昇降場を後にしたのが19時前。

「この調子なら、ボートをバスプールに置いて引き返しても20時半には家に着くな~」なんて思いながら運転してると、Y企画あたりでカーナビが“チカチカッ…”。「ん?」と思っていると、スピードメーターやガソリンメーターなどの計器類がいきなり真っ暗に…。

で調べてみると、計器類のほか、電動カーテン、パワーウィンドウ、バックモニターなどなど、結構なものが使えなくなってる…。しかも、窓においては両方が全開のまま(泣)

とりあえずボートを置いて、ガソリンスタンドに向かうも、もう電気が落ちて閉店支度。しょうがないので、一路自宅へ向かうが、大切なことに気づいた!!

そう、ガソリンがぎりぎりだったです。
計器類の照明が切れてるのでどれだけ残ってるかわからないし、かと言って、ガソリンスタンドは閉店。明日の朝まで待っていると、畑仕事には間に合わない…。

池原ダムのダムサイト近くで、右に行けば自宅、左に行けばガソリンスタンド…。さて、どっちに行くべきか?を散々悩んだ挙句、ガソリンスタンドに引き返すことにしました。そして、何とか無理を聞いて頂いて給油してもらい(スタンドのおじさん、ありがと!)、ついでに電気系のチェックもお願い。

見てもらうと「たぶんヒューズやと思うけど、この型のヒューズうちにはないわ」と言われ、そのままとりあえず帰ることになりました。

すると、現状の報告をしていた弟から電話があり、「どこそこに説明書あるから、一回見たら?」と言うので、説明書片手に4つのヒューズボックスのうち、怪しいところから順にチェック。

結局、パネル系のヒューズが切れていることがわかり、他の部分のヒューズを仮挿しして何とか家に帰れました。

車に乗るようになってから15年ぐらい?
初めてのヒューズ切れ&修理に、ちょっと大人になった気分のウメでした(笑)




200709082009000.jpg

2007.09.09 池原
20070909082133
昨日はおっちゃんの顔見に?ホワイトリバーでお世話になり、池原で釣りしてきました。

昨日の池原は、白川上流、白川中流、本流島まわり?などなど、流せど流せどまず大きい見えバスがいません…。

深いところにいるのか、ちょっと濁りが強くいつもより見えないだけなのか、僕には全く見えません。

結局一日やって、あっぷは40アップ一本、30前後はポツポツって感じでした。

来週は大学の友達とお邪魔する予定です。
ウメはバス釣り以外に趣味としてサッカーやフットサルもしてます。サッカー自体を始めたのが大学に入ってから。
なので、正直全くテクはないです(笑)

それからもう15年近く。
奈良にいるときは、橿原の社会人リーグに所属して週一度の練習に参加してましたし、東京での5年は、土日はほとんどサッカー&フットサルって生活でした。

そんな中、もちろんチームを作ろうか?って事にもなります。
そして最初は和気藹々やってこれたチームが、ある瞬間、もしくは徐々に壁にぶち当たるのです。

それが『エンジョイ系か?競技志向か?』って壁です。

で、このベクトルが、チームの一人一人においてバラバラだと、そのチームはどんどん面白くなくなります…。勝つためには、ある種ストイックに取り組まなければならない事も多いですし、練習量もそれなりに増え、そこでエンジョイ系の人間との溝がどんどんと深くなっていきます。

大切なのは、その方向性の違いがわかった時点で、それぞれが自分たちのベクトルを揃えられるか?と言うことです。

残念ながら、僕が当初入っていたチームU.M.E(=United of Motenai Erogappa…フザケテテゴメンナサイw)はベクトルを揃えられないチームの典型でした。もちろん、競技志向が全て悪いわけではなく、楽しむことも可能だと思いますが、U.M.E.ではそれが出来ませんでした。

ミスには「凡ミス」と「技術的に不可能な事」の二つがあります。そして、それを混同してしまうと、ミスの全てを攻める事になってしまいます。特に上級者がそれをやっちゃうと、初心者のプレーは萎縮し、益々ミスが増えてきます。いわゆる、悪循環ってやつです。

初心者が全く楽しめないチーム。
そんなチームになってしまったのです。

その悪循環にはまったうちのチームは、主力メンバーが二つに分かれ、出て行く形で、ウメは別のエンジョイ系のチームを立ち上げました。

それが3年前。
そしてそのチームは、今も東京でエンジョイ系混合フットサルチームとして残っています。

+++++++++

この現象って、サッカーに限らず、趣味を突き詰めていくと、テニスであれ、将棋であれ、野球であれ、なんでも同じだと思うんです。
|* ̄Д ̄*||*-д-*||* ̄Д ̄*||*-д-*|ウンウン


もちろん、個人種目であるバス釣りでも、自分の中で二つの自分が出き、葛藤が生まれ始めるんかな?って思います。これは、その度合いは別にして、特に“トーナメント”という競技に出る限り、上手くなりたい!って気持ちがある限り、結構避けられないものじゃないかな?と思います。


森口さんが仰ってたことと、今ウメが感じてることは次元が全然違うかもしれません。ただ、好きな事を突き詰めていくと、それは団体競技であれ、個人種目であれ、ある種の葛藤?にぶつかるものなんかな?って、改めて思いました。

正直、まだひよっこのウメはそこまで行ってません。
でも、いつかその壁がやってきた時に、バス釣りといい距離を保てるような乗り越え方が出来たらいいな~って思いました。

■UMEを辞めて、新しく作ったチームの初期メンバー。
 やっぱり考え方の違いで辞めていった人間もいます。

IMG_0011.jpg




むっちゃんさん、しもじぃさん、チャプターに出てはった上位入賞者、そして今月号のルアーマガジンに出てた加藤誠司プロ。

みなさんが言っておられたのが「サンドバーにつくベイトフィッシュ」。これって、この時期の定番なんでしょうか?

それすらも知らず…って感じですが、まあ、こうやって一つ一つ勉強すればいいか…。
(゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)ウンウン


ちなみに、次お会いしたら聞きたいことリスト(一部)

○スクールしてるバスがコンタクトするであろうポイントにノーシンカーを引っ掛けて…。

⇒そのコンタクトポイントってどうやって見分けるのでしょうか?あと、アプローチの距離や引っ掛けておく時間は?

○スイッシャーを引く…
⇒アプローチの距離と、引く方向?朝一以外にランガンされたロケーションってどんなところですか?

○最後、隊長が狙っていた魚と、和田プロが狙っていた魚は根本的に違う魚で、場所も全然被ってないんでしょうか?

などなど。まだまだ細かいことはありますが、あの日以来ずっと気になってる疑問です。
( ̄ヘ ̄;)ウーン



2007.09.05 ドラマ撮影
次の七色に向けて、頭の中では「10月の釣りってどんなんやろ~」とか思いながらアレヤコレヤ想像中ですが、結局七色自体数えるほどしか行ってなくて、ましてやこの時期にリザーバーで釣りなんかほとんどしたことないので、いわゆる想像と言うか、情報がないだけにどっちかって言うと妄想状態です(笑)

でも、この考えるって作業。
チャプターで上位に絡む人も、僕のような初心者も、それぞれのレベルで楽しめ、検証できるのがバス釣りですよね!



さて、今日は仕事場の近くで、さんまさんがドラマの撮影してました!
近くで写真取ると警備員のおっちゃんがやってきて怒られるので、道路を挟んだ反対側から撮影。

わかりますか?

200709051333000.jpg

今週末は七色ダムでの奈良チャプター第5戦に参戦してきました。その模様をウメなりにレポート

木・金と東京出張だったため、金曜日は遅めに帰宅。
2時間ほど睡眠を取って、いざ七色へ!!

津風呂湖前のサンクス?でしもじぃさんと出会い、ホワイトリーバーの関所でおっちゃんと話し、着いたのは6時ぐらいやったかな?
で、いざプラの開始です!

先週のプラでは、数は出ないけど、でたらそれないにいい魚が釣れるパターンを見つけてたので、今日は朝一にどこに入ろうか?ってのと、そのパターンが生きてるのか?ってチェックが目的でした。

結局いいサイズが追ってはくるもののバイトまで行かない…。しかも、開始2時間ほどで一番信頼してたクランクが岩盤と正面衝突してクラッシュ…。
換えのカラーがないので、パターンが変わったのか、クランクが変わったからなのかわからないまま、岩盤でボチボチのが一本取れて終了

この日は、隊長とお昼ご飯を食べたのですが、この日の午前中に肝となるパターンを見つけてはりました。
(゚ロ゚)/(゚ロ゚)/(゚ロ゚)/(゚ロ゚)/(゚ロ゚)/オォー

で、試合当日。
まずは朝一、旧発電所ビル周りで一発にかけるが、そらそんなラッキーはなく、そのまま上流へ向かって流し始める。

昨日見えた魚も、この日は追っても来ず、そのまま対岸へ移動。サンドバー周りをクランクで流すと、いいのが追ってきた!って事で、ワームを入れてみるが、そんな簡単に釣れたら世話がない(笑) 

で、今度は下流のほうに流してみると、サンドバーに挟まれたストレッチに巨バスのスクール発見!!

「よし!」
と言うことで、ここでこの前の津風呂で城井さんに教えてもらった見えバス撃墜法を試すが、もちろんウメがバスを見つけたときにはバス達もウメボートを発見してるわけで、そうなるとそんな簡単に釣れる訳ない(笑) 

で、そのままキーパーも取れずに移動。

とりあえず本流を下ろうと移動開始。行きがけで駄賃代わりに、立ち木で一本出るが、ラインが枝に引っかかってバス釣りならぬバス宙吊り状態…。もちろん、ブラブラブラブラ…ボチャンと、元気にオートリリースとなりました(泣)

その後も、魚を探して走り回ったんですが、やる場所やる場所、魚がいるって確信がないのでやっぱり集中しきれない…。

そこで「魚いてるって確信ある場所=今日、魚を見た場所でやりきろう!」って事を決断。特に、発電所より上流域は川幅も狭く、割と浅いし、魚が大移動することもないやろう?ってことで、その流域を残り時間流しまくることにしました。

その時はライブウェルに450ぐらいの魚が入ってるだけ。

で、到着後は自分の引き出しではビックベイトぐらいしかなく、色々投げてみる。そして、「投げて…置いて…チョン」を繰り返してると、「ボコッ!!」って出たんです!ええサイズのバスが

大事な魚なので、普段なら抜き上げるところをネットを準備。そして、視線がネットに行った所でジャンプ一発逃げられちゃいました…(泣)
※結果的には、このバスは逃げられてよかったんですが…

その後は、またまたあたりが遠のいて、残り時間あと40分。
スロープ前の岩盤が気になってたので、そちらに移動。でも岩盤には一艇先行者がいて、その近くで待機。空いたので入ろうかと思ったら、また違う人が入って釣り始める…。

たまらず、岩盤の下流側から流し始めると、15メートルほど先でさっきの先行者が600ぐらいのバスを釣ってる!!

「う~ん、その魚欲しかった…」と遠目で見つつ、残り時間は15分。続々と桟橋に戻ってくるボートの引き波を感じつつ、岩盤にノーシンカーをキャスト。

「ん??」
ラインが走ってる!合わせると結構いい感じ!!
3ポンドラインなので、慎重にやり取りし、あがってきたのは600超えるなかなかの魚でした!

あと、一匹。
なんとか、アベレージぐらいのを釣れれば1500足らずぐらいにはなるかも??って事で最後5分を奮闘しますが、タイムアップ。

2本1130グラムのウェイインとなりました(泣)

試合自体は、隊長が100グラム差で和田さんを抑えて優勝! 年間優勝争いがますます面白くなった試合でした!

そして…。
ウメにとっては、リミットを揃えるって事の大事さを改めて痛感できた試合でもありました!

最後になりますが、隊長はじめ、しもじぃさん、リザーバーのみなさん、眠いときのON/OFFの切り替えがあまりに激しい那須さんなどなど、いつも機嫌よくお相手頂いてありあがとうございます!

また、試合後、僕の船にビルジが溜まりすぎると言うことで、ご相談に乗ってくださった田上さんと松本さんもありがとうございました!

みなさま、これからもよろしくお願いします!
ペコリ(o_ _)o))

■最後まで諦めなくてよかったです!
※杉本君撮影。ありがとです。

まだまだひよっこですが、チャプターに出るって、個人で釣るより何倍もの情報が入ってくるので、ほんま勉強になります!
200709021324001.jpg


■優勝は隊長!!昨日のパターンをちゃんと詰めて、結果を出しはるところはさすが!
photo3.jpg


■前日はみんなで温泉&ご飯。今回は同じスロープを使ってるリザーバーのみなさんとご一緒させて頂きました!
200709011745000.jpg


++++++++++++++
で、今回のお宝写真ですが、携帯のバッテリーが切れたウメに変わり、しもじぃさんが撮影してくれはりました。ご本人とわからないように、一応ボカシは入れてみましたが…。
え?わかります??(笑)
photo21.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。