上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、七色戦に参加された皆様、お疲れ様でした。
あんまり参考にならないと思いますが、ウメの七色戦の振り返りを。

先週のプラでは、本流筋の何箇所かで、岸際にいる巨鯉の集団に中に50~60クラスが回遊してるのを見つけていて、その周辺の砂利地の水深5メートルぐらいのところで、40アップが釣れました。後は、大叉の何箇所かでも魚の回遊してそうな場所を見つけていて、そこでじっくり探ればもしかすると?って感じで想像してました。

さて、前日のプラでは一週間の陽気のせいで、狙ってたストレッチにはバスの姿が増えてはいましたが、サイズは小さくて、その一番沖側にある大きな立ち木に巨バス連合が浮いてるって感じでした。ただ、そいつらは何をやっても反応がなく、とりあえずお手上げって感じでした。

とりあえず、その日、一番反応がよかったエコニードルのネコリグ(初めて使ってみましたw)を中心に、次の日は試合に臨むことにしました。

****************

試合当日、朝はやっぱり冷え込んでとりあえずカッパを着て試合に臨みました。
本流を釣る事に決めていたので、スタート直後は特に引き波で釣りにはならないかと思い、スタート直後は試合では初めてとなる西の川に入ってみました。

ただ、エレキがハイパワーでもないので、西の川下流を少し流しただけで、すぐに移動。目当ての本州中流域のストレッチに直行しました。一箇所目は、ベンド部のインサイドでレイダウンが絡むストレッチだったのですが、前日からかなり減水していて、レイダウンが干上がってる感じで、あまり釣りにならなくて、逆にアウトサイドの岩盤に移動してみましたが、そこでも反応なし。

次に、デカバスが浮きまくっていた北向きのストレッチに移動しました。そこには、昨日も出会ったリーダーが浮かんでおられて、遠くから見るとどうやらサイトで魚を狙って張るようです。

ウメの目標は沖目の立ち木の魚だったので、持ってるルアーを片っ端から投げてみます。いくつかのルアーには反応もあり、目の前まで見に行くんですが、結局は「プイッ」って感じで立ち木に戻っていってしまいます。

結局そこでも魚を取れず、柳谷へ移動です。

そこでは、何やら「獲ったぞーオーラ」全開のカワケンさんとすれ違い、改めて気合が入りなおしました。早速、昨日反応があった岩盤周りを釣ってみますが反応なし。で、今までしてなかったのですが、岩盤ギリギリに投げて岩盤を舐めてから、ダウンショットのミドストで探ってみるとあっという間に3連発。ただ、一番サイズの良かった3本目の時に、立ち木にシンカーが引っかかり微妙な木化け状態。エレキで全速で迎えに行くも、目の前でバスは優雅に戻っていってしまいました。

結局、岩盤の凹み+影の部分には30~35ぐらいまでのキーパーはいてたようで、それを3本で1340グラムで試合を終えました。

上位のパターンは、ネストのサイトが中心で、優勝の伊藤君はウメが全く手が出せなかった立ち木に浮いてるデカバスに口を遣わせてぶっちぎりの3勝目となりました。

+++++++++++++++

今回も無事に大会を運営頂いた、奥出さん始め奈良チャプター運営スタッフの方々、本当にお疲れ様でした!また、リザーバーの先輩方、飯会に混ぜていただき、ありがとうございました!(^^)v 

次回からは2戦連続で津風呂湖戦となりますが、また一から練習して望みたいと思います。


スポンサーサイト
さて、一番暇な人間が一番遅い更新と言うことで、申し訳ありません…(泣)

では、前日のプラから。
その前の週に一度入ったんですが、魚は本流の立ち木絡みで、メタルで獲れた1匹のみ。

で、この日はこんな感じで回りました。

○西の川
最下流から中流域までクランクとスクリューベイト、ミドスト、キャロなどで流してみますが、下流域ではベイトが目視でき、中流域では魚探でベイトらしき物を発見できたのですが、特に中流域では雨のせいか濁った水が流れ込んでいるせいか、間違ったことをしてるのか、全く当たりなし。

○本流下流の流れ込み&立ち木
自分の中で、いまいち立ち木の役割が固まってないので、とりあえずメタルとクランク、シャッドで探ってみます。流れ込みによっては、いい感じでベイトが固まっていたり、水温もそれなりに高く、良さそうな感じだったんですが、結局は当たりなく、移動となりました。

で、ここでは珍しい風景に遭遇しまして…。
どなたとは言いませんが、赤いキャップをかぶった、バスワールドにも取材されるようなお方が牽引されてます…。

20090228110429.jpg

○本流と大叉のインターセクション
次に入ったのがここでした。ここも目当ては水中立ち木で、その回りの15メートルぐらいまでをキャロとDSで狙います。が、ここでもノー感じ。


○その下流のクリーク
人ごみを避ける傾向のあるウメが、今まで出た七色戦の7割以上の時間を割いていると思われる大叉下流のクリークですが、今回は本流に比べ水温も高く、ベイトも目視でき、なかなか素敵な感じでした。

ここまで来るのに時間は15時前となっていましたが、8~10メートルぐらいから一気に1メートルぐらいまで駆け上がるカケアガリがいくつかあり、その上下を中心に魚を探して見ました。

結局、このカケアガリの下側に溜まってる流木の塊?をキャロで探っていると、250~500ぐらいのキーパーが3キャスト、3フィッシュで獲れ、カケアガリの上流側ではナイスキーパーのボイルも発生していたので、明日はここしかないと決めて、帰路に着きました。

さて、更新をサボってると更新しなくちゃいけない宿題だけが増えてきて…。
とりあえず、今日は近畿ブロックチャンピオンシップのアルバムを更新しておきます!(^^)v

森○さん、お待たせしました(笑)


... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。